コタローは一人暮らし3巻のネタバレと無料試し読み!なぜこんなにも泣けるのか!

津村マミ先生の作品

コタローは一人暮らし

なんと電子書籍も合わせて10万部・・・

コタロー中毒者が急増しています。

そんな泣ける作品として一目置かれる「コタローは一人暮らし」

現在3巻まで発売されています。早速3巻のネタバレ行ってみたいと思います。

2巻まではこちら
コタローは一人暮らし 2巻のネタバレと母親について!過去に家族は!


コタローは一人暮らし3巻のネタバレ

コタローの父親の関係者であったと発覚したコタローの住んでいるアパート清水荘に引っ越してきた青年青田・・・

コタローに父親の関係者だとバレるとそのまま姿を消したかに思われましたが、

再びコタローの前に姿を現します。

青田の正体は父親に雇われた探偵・・・

 

小さいコタローに虐待していた父親と引き離すことが目的ともなって、コタローは4歳ながらに一人暮らしをしています。

その事情を知っていながら父親に探偵として報告をしてきたという青田にアパートの清水の住人は大激怒!

しかし、青田はコタローに父親に報告はしないと約束をしていました。

青田がコタローの父に報告したのは協力者が住んでいる架空のアパートの住所・・・

コタローが青田に頼んだこと・・・

それは、自分が強くなるまで父親に自分の居場所を報告しないでほしいということでした。

なぜ・・・コタローはそんな報告をしたのか・・・それは、

コタロー自身、自分が虐待されるのは、自分が弱い存在だからという意識があるから・・・

自分が弱い存在だから・・無力な存在だから父親は自分に暴力を振るう・・・

だから・・・自分が強くなれば、きっとまた父親と一緒に暮らすことが出来る・・・

 

コタローは強くそう思っていました・・・

 

しかし、青田のコタローの父親の反応を見た感じは全く違う印象で・・・

 

青田は言外にコタローと父親がいっしょに住むことは不可能だと・・・

 

青田の告白を聞いた清水荘の住人・・・特に狩野は・・・

 

コタローに一緒に強くなることを提案します。

強くなっても父親と一緒に暮らす事は出来ない・・しかし、狩野は少しでもコタローに強くなってもらって、父親と一緒に暮らすことが出来ない現実を目の当たりにしたとしても、それでも耐えられるように・・・

乗り越えられるように・・・一緒に強くなることで寄り添っていこうと決意し、コタローに一緒に強くなろうと提案します。

 

狩野の真意はまだ受け取れないコタロー・・・でも・・・その想いと優しさはきっちり伝わっていて・・・

 

コタローは一人暮らし3巻のその後の展開

日曜日の昼下がり・・・

コタローは一人で出版社に来ていました・・

目的は風邪でダウンしてしまった狩野の原稿を届けること・・・

いきなりのコタロー単独訪問に驚く狩野の担当・・・

 

続きは2ページ目で

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2017

Sponsord Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です