エルサがアナより人気の理由は?劇中歌の「レットイットゴー」のせい?

2014年、日本中を席巻したディズニーアニメ映画「アナと雪の女王」。

日本だけで興業収入が254億円という社会現象とも言うべき人気を誇っています。

今までのディズニーは、王子様とお姫様の恋・・・

というラブロマンス的なロマンチック路線で作品を作ってきたのに、「アナと雪の女王」では突如として姉妹愛という関係をフューチャーした作品を発表してきました。

公開前は若干懐疑的だった世間の評価を良い意味で裏切り、2013年~2014年にかけて世界中でアナ雪フィーバーを巻き起こしましたね。

主人公は妹で天真爛漫なアナ、その姉が聡明で妹思いでありながらも、自身が持つ触れたものを凍らせてしまう力に振り回されるエルサ。

この二人を中心に物語が進んでいくのですが、なんと世間の人気は圧倒的にエルサにあるようです。

主人公である妹のアナよりエルサのが人気があるのはなぜなのか・・・個人的な意見も挟みつつご紹介します。

Sponsord Link






華麗なエルサと地味なアナ


なぜ、エルサがアナより人気なのか・・・

まずは衣装ですよね。

豪華なドレスで着飾るエルサに対し、アナはどちらかと言えば地味で質素。しかもなんか田舎者感まで出てしまっています。

ここで、アナみたいな田舎者っぽい娘が着飾って超絶美人になるのが普段のディズニープリンセスなのですが、アナ雪では着飾り担当はエルサが独占していて、どうしてもアナは地味に見えてしまうんですよね。







さらに、髪型も影響していると思います。
上記の動画でも解るように、

エルサはプラチナブロンドでさらに綺麗なブルーアイの持ち主、対するアナは茶髪にグリーンアイとやっぱり地味な印象・・・

エルサ、アナの人気はほとんど女性人気でしょうから、どちらの髪型や瞳の色に女性が憧れるかと聞かれれば、やっぱりエルサのブロンド、ブルーアイとなってしまいますよね。

性格にしても天真爛漫で悪なところがないアナと聡明な大人ですが、弱さも持ち合わせる人間臭いエルサ・・・

こうして、見た目や性格などを並べてしまうと、

やっぱりエルサの人気が高いのも仕方がないのかな・・・

と思ってしまいますね。



劇中歌「レットイットゴー」の影響は?


アナと雪の女王という作品はアニメではありますが、ミュージカルというカテゴリーに属されもするという特殊な作品です。

当然ハイライトには歌が出てきて、抜群の歌唱力で各声優が歌いあげているんですが・・・

アナ雪は公開前に1曲の劇中歌を公開しました。

日本版ではエルサ役である松たか子さんが歌う「レットイットゴー」ですね。



この曲が公開されるや否や、曲の素晴らしさが松さんの歌唱力と共に各方面で絶賛されました。

ディズニー的には、この公開した曲の反応には最高の手ごたえを感じたと思いますが、この1曲のクオリティが高すぎたために、主人公アナの存在感が薄れてしまったことは否定できないですよね。

劇中、間違いなくエルサよりも、主人公であるアナの方が歌っている曲が多いのですが、 この「レットイットゴー」より印象に残った曲はあるでしょうか?

正直ないと思います。

自分の触れたものを凍らせてしまう能力が世間に知られてしまったエルサが、城を飛び出して今までみたいに自分を隠して生きていくんじゃなくて、ありのままに生きよう!

と高々に歌い上げるこの曲に、共感した女性は多いでしょう

この曲を作品公開前にアップしたことで、アナ雪=エルサの「レットイットゴー」という図式が出来てしまい、

作品が公開したころにはもうすでに、エルサとアナの間には圧倒的な人気差が出来てしまっていたのだろうと思いますね。

実際、エルサとアナの人気差は実に2倍の開きがあるようです。

アナに人気がないというわけではなく、エルサの人気が異常値を示しているんだそうですね。

「レットイットゴー」という曲は贔屓目なしに聞いてもいい曲だと思いますし、松さんはじめ、世界中で吹き替えを担当し、歌も歌った方々の歌唱力が素晴らしいため、一層この曲のクオリティを上げるという嬉しい特典も付いています。

この曲のおかげで、作品の公開前からエルサのメディアへの露出が異常に多かったですし、エルサがアナより認知度の点でいっても公開前から上回っていました。

アナよりエルサが人気でも仕方ないのかな・・・

と思いますね。

なんにしても、どちらの人気が高かろうが、同じ作品に登場するキャラクターです。作品の認知度を上げてくれて、クオリティに問題ないのであれば、主人公が一番人気でなくても別にいいと思いますけどね^^



以上「エルサがアナより人気の理由は?劇中歌の「レットイットゴー」のせい?」の記事でした。最後まで読んでいただいてありがとうございました。



アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする