魔法科高校の劣等生16巻で司波達也、深雪、当主はどうなるか予想!


大人気ライトノベル作品「魔法科高校の劣等生」もついに既刊15になりました。

15巻では宿敵を倒して終了ということでキリがいい巻となりましたが、次巻16巻はついに四葉の継承問題が争点になるお話の様です。

劣等生などと言われていても、戦闘力は作中最強の上にほとんど敵なし状態の主人公司波達也。その彼が四葉の継承問題に関わるとどういうことになるんでしょうか?

継承者最右翼の妹深雪はどうなるの?

予想してみました^^

Sponsord Link


司波達也、深雪はどうなる?当主に就任するのは?

物語の中で散々劣等生だのなんだのと言われながら、凄まじい能力を発揮し続けていた司波達也。もはや、「俺強ぇぇぇぇぇぇ」ライトノベルの主人公といえば、この人しか出てこないほどの「無双」ぶりを作中で発揮しています。

ですが、作中で魔法に関する能力が低いという設定のため、十氏族の中でもトップに君臨する四葉家の継承権が与えられていない状態でしたが、ここにきて現当主四葉真夜の態度が軟化。

四葉関係者に達也の働きをプレゼンしている描写が15巻でありました。

四葉家と達也の関係はどうなるのか?深雪は?

って感じで15巻は終わっていました。

16巻でいよいよ四葉の継承問題が出てくるようなんですが、シリーズ初期はあり得なかった司波達也の当主就任の可能性が出てきたような・・・

現当主四葉真夜の主な仕事は新しい魔法の開発であると15巻で明らかにされていましたが、この新しい魔法の開発って達也が日頃からやっていることなんですよね。

真夜は達也対策に新しい魔法を開発した様ですが、達也は真夜が自分対策に新魔法の開発をしているのを知っているかの様に、達也自身も弱点を補う攻撃魔法を開発しました。

作中どう見ても、魔法開発者としての能力も真夜より達也の方が上そうです。

対人戦闘力も達也の方が上そうですし、分解、再生という魔法しか使えないとしても、四葉家がどのように力をつけてきたのかを考えれば(対人戦闘の圧倒的魔法力で力をつけた)、達也が当主にならないという選択肢がそもそもおかしいという感じになってきているように感じます。

十氏族の裏にはさらなる黒幕的な存在もいる様ですし、この四葉継承編は、達也、深雪の一騎打ちで次期当主が誰になるのか争われる。

そんな16巻になりそうだぁ・・・

と個人的に思っているのですが、どうなんでしょうか?

予告では、真夜が達也に「深雪が本当の妹ではない」という嘘を告げられる様ですが、それ自体がなにかの魔法なんでしょうか?

達也には感情というものが希薄で、唯一残っているのは妹への愛です。

この愛を揺さぶる様な魔法を真夜が達也に仕掛けるのではないかと勝手に予想しているのですが、そこを揺さぶることによって真夜にどんなメリットがあるのか正直解らないですし、達也の能力を考えれば、達也が四葉を裏切るというのは真夜にとって最悪のシナリオのはずです。

九島家の光宣の様な子を達也と深雪に産ませるのが目的なのか・・・

既定路線でいえば、深雪が現当主ですが、深雪にとって兄である司波達也が第一の優先事項。

結局、司波達也がどういう行動にでるかによってストーリーが決まってくるのですが、この司波達也という主人公は最強なのですが、主人公らしくない行動(行動のすべてが正義ではない)をすることも多いので、読者の予想の斜め上をいく行動を起こすかも知れません。

こればっかりは予測不可能ですよね。

個人的には司波達也が四葉の当主に就任して、一条や七草や十文字とともに十氏族の裏の闇と戦うという展開を期待しているのですが・・・

おそらく16巻は2015年7月発売だと思われます。

詳しくはこちら

魔法科高校の劣等生の16巻の発売日がいつかやあらすじを予想!

魔法科高校の劣等生、今後の展開からも目が離せませんね(^-^)

以上「魔法科高校の劣等生16巻で司波達也、深雪、当主はどうなるか予想!」の記事でした。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 


Sponsord Link

2 件のコメント

  • 四葉継承篇以降司波兄妹の結婚相手というファクタが加わると私は見ています。美由紀には四葉当主に相応しい婿を取る
    一方達也は10種族からの干渉で七草家から嫁を貰うという形になるのでは無いかと思っています。達也と真由美の結婚です。泉美は憧れの美由紀と義理とは言え姉妹になる事を喜びその喜びようを見た香澄はおおっぴらに反対も出来ずといった所でしょう。
    一方真由美本人はよく知った後輩との結婚に途惑いながらも家の為日本の魔法師社会の為と言われれば反対も出来ずに従うでしょう。
    お互いの大学卒業後に正式に式を挙げて真由美と達也の間に子供が生まれてその子供に達也の母の能力であった先進干渉能力が発露する。
    妹を愛するように家族を愛せなくて苦悩する達也が愛娘の能力によって兄弟愛の感情を家族愛へと書き換えられて達也は苦悩から解放されると言う展開があれば面白いかなぁ、、、と思ったりします。忘却の川の魔女の再来は四葉に衝撃を与える事になります。四葉は達也からこの子を取り上げようと躍起になるでしょう。(美由紀の知らない所で黒羽辺りが暗躍する)
    ココで達也の封印されてきた元造由来の能力が解放されて四葉に勝利、、、ってーのは、、、、
    まぁ、あくまで私の妄想ですので、、、
    何せ達也はサイオンが枯渇しない限り何度でも復元できますから、、、

  • と思ったら美雪と達也の婚約ですかぁ、、、ちょっと斜め上の展開ですね。
    で、その婚約に一条と七草が横槍を入れてくると言う展開ですか、、、
    しかも、美雪は達也が暴走したときのリミッターの役割を持たされて遺伝子操作されて造られた調整体、、と。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です