聖剣使いの禁呪詠唱12巻の発売日がいつか、あらすじ予想!


2015年にアニメも放送され始め、勢いに乗っている「聖剣使いの禁呪詠唱」!

原作はライトノベルですが、最近はやり(?)の「俺Tueeeee」系の人気作ですね。

主人公灰村諸葉が圧倒的な強さで活躍するお話です。

この作品現在(2015年2月)に第11巻が発売されたばかりですが、12巻の発売はいつなのでしょうか?あらすじの予想も兼ねてどうぞ^^

Sponsord Link




発売日はいつ?

では、まず発売日はいつかという話からですね。

聖剣使いの禁呪詠唱は10巻と11巻が連続発売という荒技でアニメの宣伝も兼ねて発売されました。

アニメが何クール放送になるかはわからないのですが、現状作品的にまったく終わる気配がない(10巻にして初めて敵対する組織が現われた)がないことを考慮すると、1クールのアニメになる可能性が非常に高そうです。

ということは放送は3月までという計算になりますから、2か月連続刊行しておいて3月もまた!

というのはおそらくないでしょう。

作者のあわむら赤光さんもアニメ化でかなり無理をしたと思うので、正直なところ12巻の発売はちょっとインターバルが入るのではないかと予想しています。

アニメが2クールの場合、アニメ放送中にあと2冊くらい刊行したいと出版社が考えると思うので状況が違うとは思うのですが、

個人的に1クールだと思うので、1クールの場合でお話していきます。

で肝心の発売日ですが、元々刊行ペースが結構短めで早かったあわむら赤光先生。インターバルを挟むにしても4~5か月で次巻が発売されるのではないかと思います。

なので12巻の発売日は遅くて2015年7月、早くて5月か6月になるのではないかと思います。

ちなみにですが、アニメが2クールの場合、帯での宣伝にもちからが入り「アニメ絶好調!」「アニメクライマックス」の帯を冠した作品を発表したい出版社の意向で、2か月刊行が続くのではないかと思います。

なので2クールの場合、12巻が2015年4月、13巻が6月というスケジュールになりそうですが、2クールはあるんですかね?


12巻のあらすじ予想!

では、12巻はどんな内容になるのでしょうか?

作者のあわむら赤光先生は次巻は諸葉がいない日本での戦いになるとあとがきでおっしゃられています。

実際11巻のラストで諸葉達と敵対する組織「六翼会議」のレナード・ヴァン=パーシーと交戦しているところで終了しています。

11巻で無敵の主人公諸葉はアメリカでの戦いに参加しており、日本に不在。

そこに攻めてきた六翼会議の幹部・・・

12巻では日本に急ぐ諸葉と諸葉を待ちながら日本でレナードと戦うサツキや静乃、春鹿やストライカーズのお話になりそうです。

問題なのは、11巻のラストでレナードが放った諸葉と同じ「大極」です。

大極というのは世界に唯一人、光技と闇術が両方つかえる諸葉独自の技なのですが、レナードはこの諸葉と同じ大極を放ったということで、このレナードとストライカーズ達がどう戦うのか?

というのが12巻の主なあらすじとなりそうです。

結局負けそうな局面で諸葉が日本に到着。

レナードと対峙し、レナードと諸葉の大極が激突!

諸葉が格の違いを見せつけて勝利!

という内容になると思われますし、読者もそれを望んでいるでしょう^^

あわむら赤光先生!期待しております^^



以上「聖剣使いの禁呪詠唱12巻の発売日がいつか、あらすじ予想!」の記事でした。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする