エイヴリー・ギルバート(新ニオイ鑑定人)のWIKIや年収は?


資生堂の制汗スプレーAG+でおなじみの女性の腋に顔を近づけてにおいを確認し、

「GOOD!」

とはじける笑顔で○の札を見せるあの愛嬌のあるおばさんから、今度は謎のおじさんに変わったみたいですね。

その名もエイヴリー・ギルバートさん!巷では新ニオイ鑑定人なんて呼ばれています。

今回はそのエイヴリー・ギルバートさんについて年齢などのWIKIや年収についてリサーチしてみました!


Sponsord Link




エイヴリー・ギルバートさんのWIKIは?


まずはエイヴリー・ギルバートさんWIKIからですね。

エイヴリー・ギルバートは正直元々どこかのエキストラ俳優ではないかと最初思っていたのですが、どうやら違う様で、ちゃんとしたニオイ鑑定士だそうですね。

ニオイ鑑定士というよりはニオイの科学的専門家と言ったほうがいいでしょうか?

前任のおばちゃんも実はエキストラではなくちゃんとしたニオイ鑑定人だそうで、資生堂はこういうところはキチンとしているなぁ・・・と思いましたね^^

で、話をエイヴリー・ギルバートさんに戻すと、

エイヴリー・ギルバートさんは心理学的なアプローチからニオイについて研究している方で、その経歴もカリフォルニア大学卒業後にペンシルバニア大学で心理学の博士号を取得。

心理学者としての肩書きだけではなく、嗅覚専門の認知科学者でもあるそうです。

しかもフレグランス関係の企業で人の嗅覚についての研究も指揮、指導しており、ブランド香水の企画、開発にも関わっている実業家でもあるそうな・・・



このCMを見る限りは、ノリの良いおじさんにしか見えないですが、

やっぱり唯者ではなかったんですね(笑)

前回のおばさん、ベッツィー・ライオンズさんもノリが良くて笑顔が素敵な好感の持てるマダムでしたが、もう10年以上AG+のCMに出続けて、さすがに年齢的に厳しくなったんでしょう。

2015年からマダムからノリの良い紳士に変更となりました(笑)

エイヴリー・ギルバートさんは日本でも翻訳された著書、「匂いの人類学 鼻は知っている」を出版されています。

個人的にまだ未読ですが、興味がある方は読んでみてはいかがでしょうか?



Sponsord Link


年収を予想!


ではここで気になるのが、エイヴリー・ギルバートさんの年収ですよね。

エイヴリー・ギルバートさんは博士号を取得し、心理学者、科学者、実業家と様々な肩書をお持ちです。一体その年収はいくらくらいなのか・・・

調べてみると・・・

正確には出てこなかったんですが、一般にMITの博士号持ちの方の平均年収は1000万前後だそうです。

エイヴリー・ギルバートさんの場合、MITまではいかなくても、博士号をお持ちで、嗅覚という専門分野では第一人者というべき方です。

さらに有名ブランドの調香にも携わっています。

おそらく個人的なラボなり研究所をお持ちで、毎度色々なにおいの鑑定を依頼されているニオイという分野の売れっ子の方だとお見受けします。

そうなってくると、正直年収も1000万より上なんではないかと思うんですよね。香水なんかは売れるとロイヤリティとかも入ってきそうですし、有名になればなるほどニオイ鑑定の金額も高くなっていくと思います。

その点を考慮しても年収2000万以上は固いのではないかと思うんですが、いかがでしょうか?しかも日本の化粧品メーカーの筆頭、資生堂のCMにも出演しています。2000万で済むかも微妙な感じがしますね。

どんな分野でも極めればここまで凄くなれるんだ!

という方に筆頭な気がする人ですね。私もこんな風にトガっていきたいなと思っていしまいます。ひょうきんなおじさんですが、その生き方は非常にカッコよかったり^^

これからしばらく夏はこのおじさんの「GOOD!」を見て過ごすことになりそうです。もう今から来年のCMも楽しみにしている自分がいます(笑)

以上「エイヴリー・ギルバート(新ニオイ鑑定人)のWIKIや年収は?」の記事でした。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする