【ネタバレ】時をかける少女のその後について。未来で待ってるの意味は?




細田守監督の代表作「時をかける少女」。

その後の「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」「バケモノの子」の大ヒットに繋がっていくわけなんですが、

なんといってもこの「時をかける少女」の秀逸さはヤバいですよね。

ストーリーは非常に単純ながら、解釈を視聴者に任せる部分が多々ある点もこの作品の特徴で、鑑賞後、色々考えさせられる部分があるのもこの作品が評価されている部分なのかなと・・・

 

そこで、今回は個人的に気になった部分、時をかける少女のその後と千昭が真琴に言った「未来で待ってる」の意味について考えてみたいと思います。

ちなみにネタバレ注意です!

Sponsord Link




その後について


結局大どんでん返しもなにもなく、千昭は真琴をおいて未来へと帰って行きました。本来踏切事故で死んでしまうはずだった巧介は無事で平穏に過ごしており、果穂との仲も最終的に真琴が時間を大幅に戻してしまったためにあやふやになっていました。

タイムリープを繰り返したことで、何が本来の現実で、真琴がタイムリープしなければどうなっていたかという点がよくわからない所で終わってしまったのが残念でしたが、

基本的に真琴のみが未来を知り、未来を変えるために動き始めるというところで話が終わっていますよね。

未来は破滅的な時代になっているという示唆もされており、それを真琴だけが知っている・・・

真琴一人でどうするのか・・・政治家にでもなって世の中をかえようとするのか・・・

細田守監督はその真琴の出しきれなかった答えを鑑賞した視聴者に委ねていますよね。未来は破滅的な方向に向かっている。これから一人一人がどうしていくのかで千昭のいる未来が変わっていくということを示唆したエンディング。

アニメ版時をかける少女のその後は千昭が真琴にいった(細田守監督が読者に言いたかった)「未来で待ってる」に集約されていますね。

 
[ad#ad-1]

未来で待っているの意味!


では、アニメ限定で考えて千昭はどういった意味で真琴に未来で待っていると言ったのでしょうか?

千昭は自身がいた未来について

川が流れていることを知らない

自転車に乗ったことがない

空がこんなに広いとは知らなかった

人が沢山いるのを見たことがない

といっています。

こんな未来を想像してみると、戦争で地下か何かのシェルターでずっと暮している。ほとんど外に出ることはなく、人類は戦争でほとんど死んでしまった。

という未来を示唆しています。

そんな世界で育った千昭は同じく世界が壊滅的な時代に書かれたという絵画で、未来ではもう消失してしまった「白梅二椿菊図」という絵画を見るために未来から来たといっています。

千昭がいる未来同様に、破滅的な状況でありながら、また平和な時代を築いた人達がどの様に感じ、どのように思ってその絵を描いたのか・・・千昭はそれを確かめに来たんですね。

そして、千昭は真琴に「未来で待ってる」といって帰って行きました。千昭の話を聞いている限り、千昭のいる未来は真琴が生きて到達するには遠すぎる未来に思えます。

でも千昭は未来で待っていると言いました。その意味とは何でしょうか?

真琴たちがこれから作る未来に先にいって待ってる。

真琴に未来に残る作品を作り上げてもらって、千昭はそれを見ながら真琴のことを想う。

生まれ変わってまた一緒に野球しよう!

色々解釈はあると思いますが、細田守監督の意図はやっぱり「真琴たちが作り上げた未来に先にいって待ってる」という意味なんではないかなと思いますね。

難しい状況でも頑張って素敵な未来にしていこうぜ!俺も未来で頑張るよ!

この千昭が真琴に言った「未来で待っている」にはそういう意味があるのではないかなと思いますね。

最後は悲しい(?)結末で終わってしまった時をかける少女ですが、細田監督が発したメッセージは本当に素敵なものだと思います。

「未来で待ってる」

その言葉を胸に今を生きていきたいですね^^

こちらの記事をどうぞ
時をかける少女の声優が棒読み下手でヤバい!黒板に書いたのは誰?

以上「【ネタバレ】時をかける少女のその後について。未来で待ってるの意味は?」の記事でした。最後まで読んでいただいてありがとうございました。


Sponsord Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です