鳩山由紀夫の西大門刑務所訪問謝罪でネットの反応や問題点は?



日本の元総理大臣だった鳩山由紀夫氏。

彼は政治家を引退して一般人として政治を見守っている現在、極秘に韓国を訪問し、西大門刑務所を訪れて、

「心から申し訳なく、おわびの気持ちをささげていきたい」

というコメントと共に謝罪した模様です。

これに対し、ネット民の怒りが爆発している様ですね。

現在竹島の問題もあり、日本と韓国の関係はかなり微妙という中、鳩山氏のこの行動・・・

ネット民の怒りは大爆発といっても過言ではない荒れ様です。

今回はそんな鳩山氏の行動の問題点やネットの反応をご紹介!

Sponsord Link




問題点とは?


鳩山氏は今回韓国に訪れて西大門刑務所訪問謝罪コメントまで残しており、それを日本の元総理大臣と名乗り、さも日本の代表として訪れたという趣旨のコメントして韓国で報道されている点が先ずいただけないですね。

この西大門刑務所という施設。現在では博物館の様に資料や蝋人形などを展示し、歴史展示の博物館的な趣が大きい施設ですが、

この施設はソウル近郊にあることもあって、多くの学生が訪れて反日感情を増幅させることに一役買っている施設なんですよね。

そもそも西大門刑務所というのは、日本が朝鮮半島統治している時代に独立運動家を拘留する施設して建てられたものらしく、韓国では反日の象徴ともいえる博物館だそうですが、

展示物の内容はねつ造がほとんどで、正しい歴史認識から逸脱する展示ばかりを韓国は日本は残虐非道であると国民に広める目的で展示しているように見えます。

ここまで韓国と日本の関係が冷え切っている理由って日本人はあまり興味がないのか知らない人が多いですが、

韓国が日本がやっていないことをさもやったかの様に広めてしまい、その間違った認識を日本が否定すると世界に向けて批判コメントを発表

日本は当然身に覚えがないので冤罪と主張しますよね。

ですが韓国は教育の中ですでに反日教育がされていますし、韓国人からすれば、韓国が教えている歴史が本当の歴史だと思っている人が多いです。

なので日本は過去あれだけヒドイことをしておいてとぼけるのか?と憤るわけです。

だからこそここまで歴史認識で日本韓国がモメるんですよね。もう韓国は訂正することはできないでしょうし、訂正すれば世界からどんな目で見られるか・・・世界の国々は大体韓国の本質を理解しているので、あまり深く関わってこようとしませんが・・・

日本は隣国だけにそうはいきませんよね。

今回鳩山氏が訪問した西大門刑務所は日本統治時代の独立運動家が多く収監された施設ですが、その施設で行われたとされる数々の残虐非道行為がこの博物館で展示として公開されているそうですが、

実際日本はその展示であるような行為はしていないというのが実情で、

独立運動家を収監したのは本当でも、実際には残虐非道行為どころかそうとう気を使って収監していたという記録もある様です。

しかも、実際に展示にある様な行為をしたのは、朝鮮人の看守(日本語が通じないために朝鮮人の看守が多くいたそう)であったという記録すらあるほどで、

日本人にはやく歴史の認識を改めろと韓国から言われても、日本人からすれば

「なんだこの国・・・」

という感情しか浮かばないんですよね。

そこに今回の鳩山さんの謝罪。この間違った歴史認識を日本の元総理が認めたと取られかねないこの謝罪

鳩山さんはどう責任を取るつもりなのでしょうか?もう政治家ではありませんし、一般人ですから訪問することに対してどうこういうつもりはありませんが、

あまりに浅はかで無知な行動に個人的にちょっと呆れてしまいました。

Sponsord Link



ネットの反応


この鳩山さんの行動でネットでもかなり怒りのコメントが寄せられています。

一部を紹介していくと

これスゲエな。何にも考えてないんだろうな、この人。日本に帰ってこなくていいや・・・

この人は「頭のおかしい人」として世界に認知された人です。ただのバカです。

次は日本の国会でひざまづかざるを得ないな笑

刑務所博物館に行って「良心的日本人」としてのパフォーマンスをやるんですよ。自分が注目されさえすればいいんですよ、彼は。

など、怒りと呆れが同居した様なコメントが多く見られました。

日本政府の立場はあくまで日本はやっていないという上記の様な立場に立っています。

今回の鳩山氏の様な「元総理」という立場でこういうことをされると、また韓国と日本の関係が難しいものになることも懸念され、

正直なぜこんなことをしたのか鳩山氏・・・

という日本政府の嘆き節が聞こえてきそうですね。

今後どうなるかしばらくは様子見が必要かもしれません。

以上「鳩山由紀夫の西大門刑務所訪問謝罪でネットの反応や問題点は?」の記事でした。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする