安倍首相の戦後70年談話に共感!国民や韓国の反応とは?



ついに以前から話題になっていた安倍首相の戦後70年談話が発表されましたね。

個人的に概ね共感できる内容でほっとしていたりするんですが、もちろんすべての国民や周辺諸国が納得できるような内容かと言われれば、

それもまた・・・

ということで、今回は安倍首相の戦後70年談話について、国民や韓国の反応などをご紹介していきたいと思います。


Sponsord Link




個人的には共感できる!


個人的に今回の談話については非常に満足のいく内容だったと思っています。

第一次世界大戦を経て、国際社会の中で日本は、世界的に孤立してしまったなか、武力によってその活路を見出す選択をしてしまった。その為に起こってしまった太平洋戦争。

それによって迷惑をかけてしまった周辺諸国や、戦いの中で散っていった日本国民の300万の人々・・・

安倍首相は日本の首相という立場でありながら、客観的なものの見方を織り交ぜて

戦争を得て今の日本があるということ。

戦争を知らない世代も国民の8割を超え、今後戦争の遺恨を後世に宿題として残していくべきではないということ。

これらを念頭に置いた上で言葉を選びながら謝罪もきちんと織り交ぜた談話を発表しました。

すべての人が納得や評価を下せることはないと思います。

しかし、安倍首相は今後の日本を憂い、過去をきちんと反省し、平和と追求する日本を作り上げていきたいと話された点に関して、

個人的に大いに共感できると思いますし、評価できる内容だと思いますね。

現在審議中の安保法案の内容と照らし合わせ、言ってることが矛盾している?という意見も多く聞かれそうですが、

こと今回の戦後70年談話の内容に関しては及第点と言っていい内容なのではないかと思います。

Sponsord Link



国民や韓国の反応は?


では、この談話を受けて、国民の反応や韓国メディアの反応を見てみましょう。

日本の国民は、



女性を傷つけたとは言ったが、慰安婦の言葉は使わなかった。全体に韓国、朝鮮という言葉も無く、子ども達に未来永劫謝罪させる宿命を背負わせてはならないとも言い切った。安倍さんの目線が良く分かる。






途中で泣きそうになった部分もあり、個人的にはいい談話でないかと感じた。ただ談話を言い切ったのと「安保法案」とは乖離してないかと・・・。中国・韓国は「日本のせい」と言う教育を続けていては、厳しいと思う。




など、やはり周辺諸国の歴史認識の部分について触れている反応が多いみたいですね。現在審議中の安保法案への不安と談話のギャップに困惑しているような方もいますね。

韓国メディアについては、

『安倍談話“過去形謝罪”』という見出しで報道しているようです。

「(わが国は)繰り返し、痛切な反省と心からのおわびの気持ちを表明してきました」というコメントから今後の行動指針が全く示されていないという見解の様ですが、

韓国はどうしてほしいのでしょうか?

安倍首相としては韓国のねつ造された歴史認識に対して謝罪する意志はないと思いますので、言葉を選び日本が過去犯してしまった過ちについては謝罪してきましたが、

あることないこと言っていることに対しては謝罪する意志はありませんよ。

という姿勢に憤っているようですね。

この歴史認識のズレを解消できないと日韓問題は解決するのは難しいと思うのですが、解決できる日はくるのでしょうか?

以上「安倍首相の戦後70年談話に共感!国民や韓国の反応とは?」の記事でした。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする