橋下徹の大阪維新の会と維新の党の違いとは?今後の流れ予想!



橋下徹現大阪市長がついに新党結成に向けて動き出しました!

橋下徹市長は大阪維新の会を政界に進出させたい意向の様ですが、政治素人の私からすればい進の党も橋下市長が結党した党じゃなかったっけ?

と思うんですよね・・・

橋下市長が政界を目指す大阪維新の会と現在存在している維新の党との違いとはなんでしょうか?今後の流れも一緒に予想してみました!

Sponsord Link





大阪維新の会と維新の党の違いとは?


では、さっそく、大阪維新の会と維新の党の違いですね。

そもそも、橋下市長は純化を図っていきたいとしています。

その純化が大阪維新の会と維新の党の差につながってくると思うんですが、考えてみれば、国政に関しては橋下市長は今までかなり路線変更を強いられていますよね。

大阪に関しては都構想(選挙で負けてしまい叶わなかったですが)で全くぶれずにやってこられましたが、国政に関しては現在は引退された石原慎太郎氏と組んだり、結いの党との合流や民主党議員が多く流入してきたことで、

橋下市長が結党当初から持っていた政治理念とは段々乖離したものに維新の党はなってきたと感じていたという橋下市長。

そこで、自分のお膝元にずっと置いていた大阪維新の会を政界に進出させて、もう一度自分の理念を元で政界を動かそうという意図があるのかもしれませんね。

個人的に決定打となっていると思えるのは、現維新の党のトップ松野頼久代表は、政府案に対して共産党や民主党と足並みをそろえようとしているところだと思います。

橋下市長に民主党や共産党と足並みをそろえる意志は全くないようで、むしろ野党再編の主導権を握って行きたい考えの様ですね。

民主党や共産党と歩み寄って安倍政権に対して安保案など対抗していきたい現維新の党代表の松野氏とあくまで自分の判断と意志の元で政治を動かしていきたい橋下徹市長。

最早両者の間にはかなりの溝がありそうですね。

Sponsord Link



今後の流れを予想


今後の流れを見てみると、維新の党内での駆け引き合戦になりそうなことは必至です。松野代表としては少しでも党の人間は離党させたくないでしょうし、橋下市長としては、自分に近しい議員に関しては大阪維新の会に合流させたい意向の様です。

少なくても十数人の維新の党からの離党者が出そうな情勢です。

野党の再編にしても、民主、共産、維新で安倍内閣の安保法案などに対抗していこうとしていた矢先に、橋下市長率いる大阪維新の会が政界に進出してくるわけで、野党一枚岩で安倍政権に対抗を!という構図が出来上がりつつあったのがまたしばらくは野党での牽制の差し合いになりそうです。

橋下市長からすれば、それが狙いにも見え、牽制を差し合っている間にも野党の主導権を握ってしまいたい考えなのかもしれません。

橋下市長が大阪維新の会で国政に参戦してくることで、現維新の党は民主系の議員が多いことからも民主党と吸収される可能性も無きにしも非ずで、

野党が激戦になること必至!

今後の動向に注目していきましょう!

以上「橋下徹の大阪維新の会と維新の党の違いとは?今後の流れ予想!」の記事でした。最後まで読んでいただいてありがとうございました!

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする