アーサー・B・マクドナルドの経歴が気になる!今後の年収がヤバい!



2015年のノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章さん。日本人としてノーベル賞を受賞したことは日本人として誇り高いですよね。

ですが、今回のノーベル物理学賞は梶田さん一人の受賞ではないんですよね。

共同で受賞されている方がいます。カナダのアーサーB・マクドナルドさんです。

日本の梶田さんの情報は結構入ってきそうですが、アーサー・B・マクドナルドさんの情報はなかなか入ってこなさそうですよね。

気になったので経歴など調べてみました。

Sponsord Link




アーサー・B・マクドナルドの経歴とは?


ではさっそくアーサー・B・マクドナルドさんの経歴を調べてみたいと思います。

生年月日は1943年8月29日生まれで2015年で72歳になられます。梶田さんが56歳ですから、随分と年上なんですね。

生まれはカナダのノバスコシアのシドニーという都市です。シドニーというとオーストラリアを連想しますが、カナダにも同様の名前の都市があったんですね。

気になる出身大学ですが、修士をノバスコシアのダルハウジー大学で得た後、博士号取得のためにさらにカルフォルニア工科大学に進んでいます

カリフォルニア工科大学といえば、2015年の世界大学ランキングでも7位に入る大学で、日本の東大が21位ということを考えれば、そのレベルの高さがうかがえますよね。

ちなみに共同でノーベル賞を受賞した梶田隆章さんの学歴は埼玉大学~東京大学大学院に進んでいるようです。

お二人とも地元の大学に進んだあと、大学院はレベルの高いところに進んでいるようですね。

話をアーサー・B・マクドナルドさんに戻します。

彼の研究員としてのキャリアですが、大学院を卒業したあと、先ずはチョークリバー原子力研究所の研究員として働いていたそうです。その後1970年にブリジストン大学で研究し、その後クイーンズ大学で研究施設を持っていた模様です。

現在はクイーンズ大学の大学の研究委員長として活動しているほか、理論物理学ペリメーター研究所のメンバーでもあるようですね。

ちなみに、再び梶田さんですが、研究室は東大だそうですね。埼玉大学卒業後、東大の大学院に進みそのまま東大の研究機関に入所し、現在にいたっているみたいです。

一つの所で出世していく人と色々な研究施設を渡り歩いて研究する人。研究者にもいろいろな方がいるんですね。

アーサー・B・マクドナルドさんはやはりアメリカ的というか、アメリカの大学で研究してきただけに出世のしかたもアメリカ的ですね^^

外資系の方も年棒制でどんどん高い年棒の会社に移っていくと言いますが、アメリカでは研究者も一緒なんでしょうね。

Sponsord Link



年収がヤバいことになりそう!


今回のノーベル賞の受賞でアーサー・B・マクドナルドさんの年収もヤバいことになりそうですね。アメリカの大学教授の年収は大体1500万前後(日本は1000万前後)だそうですが、ここにノーベル賞の賞金1千万クローナ(1億4000万)を梶田さんと分けた額が入るわけですから・・・

均等に分配された場合、元々の年収大体1500万に7000万の賞金が入ってくるわけですよね。

しかも大学からも成果に対するボーナスが出そうでこの年のアーサー・B・マクドナルドさんの年収は1億を超えるのではないでしょうか?

いやー羨ましい・・・

しかも、ノーベル賞受賞者として実績がつくわけですから、所属しているクイーンズ大学の年棒も見直されるでしょうし、もしかしたらもっといい年棒を提示してくる大学も出てくるかもしれません。

来年以降の年棒も2000万前後となるのではないかと思うと、やはりノーベル賞受賞という実績は偉大ですよね。

それまで全く知らなかったのに、受賞によって世間にいきなり認知されたりするわけですから・・・

アーサー・B・マクドナルドさんの講義を聞きたいと思う学生も増えると思いますし、研究の資金も集めやすくなるはず。

ノーベル賞受賞の効果は計りしれませんね。

この受賞でまた宇宙の謎が一つ解明されたことになりますが、まだまだ宇宙には不思議なことが無限と言えるほど存在しています。そんな宇宙の謎に少しづつ迫っていく研究が今後もっと進んでいくといいですね^^

2014年のノーベル賞受賞者は・・・こちらもどうぞ

中村修二の性格が傲慢だと話題!凄さや業績、エピソードは?



以上「アーサー・B・マクドナルドの経歴が気になる!今後の年収がヤバい!」の記事でした。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする