岡田朋丈のスカウトの評価(球種等)はどうなのか?出身高校とは?



2015年も始まりましたね。プロ野球ドラフト会議!

毎年とは言いませんが、このドラフト会議でもドラマが起こったりするものなのでなかなか馬鹿にはできません。

個人的には、好きな球団で入団テストで入団でいいんじゃないか?なんて思ったりするんですが、リーグの強さの均一化っとかを考えると、そうも言ってられないんでしょうね。

今回はそんなドラフト会議において、個人的に気になった岡田朋丈投手について調べてみました!

Sponsord Link




スカウトの評価(球種等)はどうなのか?


岡田朋丈投手は球団から指名すると公表があった選手ではないですが、各球団もリストアップしている投手だそうです。

肝心のスカウトの評価はどうなのか?

元々高校や大学でもそれほど有名な選手というわけではなかった様です。

大学でも頭格を現してきたのは3年生になってからで、先発の一角をつかみ取りました。

身長184cm体重80kgという本格派で、その恵まれた体格から繰り出されるストレートは最速153キロ!

通常時でも140キロ代のストレートを武器に120キロ代のスライダー、120~130キロ代のフォークボールに130キロ代のカットボールを使い分ける投球スタイルです。

特にマウンドを上手く使い身長184cmに長い腕を振り下ろすかの様にふり投げ込むストレートはスピード以上に威力があり打者にとって脅威となるでしょう。

さらに岡田朋丈投手の最大に武器ともなるのが、その制球力!

力のあるストレートと球速の異なる変化球で打者を困惑し、ここぞの場面で150キロ代のストレート!

しかも、コントロールが抜群で内角、外角と自在に投げ分ける技術はもちろんのこと、気持ちも強くピンチにも全く動じないそのマウンドはスカウトにも好評だそうです!

スカウト陣のコメントを見ても

計り知れない伸びしろがある(阪神)

プロでもまず打てないコースに投げられる(日ハム)

関西では一番の投手(ソフトバンク)

はたしてどの球団が獲得するのでしょうか^^楽しみですね!

Sponsord Link



出身高校とは?


では、最後に気になる出身高校を探ってみたいと思います。

その高校とはそのまんま大阪商業大学高校だそうですね。そのままストレートに大学まで進学している模様です。

元々バレーボールの強い学校でバレーボールの選手を多く排出している学校の様ですね。

なんかドラマとかなかったのかな・・・なんて思っていると、

実は岡田朋丈投手、野球を始めたのは遅く、実は中学に入ってからだそうです。

出身中学大泉第二中(東京都練馬区)で三塁手として野球を始めるもみるみる上達し、そのまま高校はスポーツの強い大阪商業大学高校に進んだ模様。

レギュラーとして先発の座をつかんだのは3年生の夏で、それまではエースではなかったため背番号は10番。

その夏の大阪の県予選で先発の座をつかむと全6試合で先発するも大会は大阪8強で終了。甲子園に行くことが出来ないまま高校野球を終えたそうです。

大学でも下積みが続き、3年でやっと先発の一角に、4年の春に爆発的な活躍を見せるにいたりました。

なんか個人的には元巨人の上原投手に似た空気を持っていると感じており、上原投手大好きな私としてはぜひ応援していきたい選手です。

どこの球団が指名するかはまだ解りませんが、絶対活躍する選手だと思いますので、今後も応援していきたいと思います!

以上「岡田朋丈のスカウトの評価(球種等)はどうなのか?出身高校とは?」の記事でした。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする