武田”コックローチ”圭史(同人)の経歴とは?死因も気になる!



同人界に多大な貢献をしてきた武田”コックローチ”圭史さんが亡くなられたようです。

関係者も驚きの事態だそうで、最近創作者の悲報が多いだけに悲しいですね。

個人的にあまり聞きなれない方でしたし、調べてみ大学教授ばかり出てくるので経歴などを探ってみました。

Sponsord Link




武田”コックローチ”圭史(同人)の経歴とは?


では、さっそく武田”コックローチ”圭史さんの経歴ですが、やはり芸能関係の方ではないだけにあまり出てきていないんですよね。

生年月日はおろか年齢さえも出てこない始末ですが、詳しく調べてみるとどうやら53歳で亡くなられたようです。

ということは1962年生まれでしょうか?

元々、武田”コックローチ”圭史さんが有名になったのは<そうさく畑>という同人誌の即売会を主催したことだそうで、その規模は年々大きくなり、2014年には700サークルが参加するほど大きなものになったそうです。

関西での同人誌の即売会としては最も古い歴史があるそうで、1980年に初年が開催されています。もう35年も同人の世界で活躍されてきた方なんですね。

イベントの規模が大きくなるにつれ会社(有限会社ケイ・コーポレーション)に所属しながらも運営に携わり続け2014年に代表を辞したそうです。

その間ずっとそうさく畑の創始者として同人を愛し、同人を広める活動されてきた方だったんですね。

ちなみに結婚についてですが、個人的にはしていないんではないかと思われます。

というのも、亡くなられたことが発覚したのは18日(17日という情報も)に現在の勤め先に出社していないことから、家族に安否の確認が入った事が発端だそうです。そこでご家族が武田”コックローチ”圭史さんのご自宅に行ってみたところ倒れている武田”コックローチ”圭史さんが発見されたそうです。

そのまま病院に搬送されたということですが、23日(24日という情報も)に亡くなられたそうです。

普通結婚されて奥さまがいらっしゃれば、会社からの安否確認の前に奥さまから会社に連絡があ入るのでではないでしょうか?

または別居ですかね?

ご両親も武田”コックローチ”圭史さんが情報通り53歳であれば、まだまだご健在だと思いますし、連絡が行ったのは個人的にはご両親であった、ご婦人は居なかったのではないかと思います。

なんにしてもまだ53歳・・・これからという年齢で亡くなられた武田”コックローチ”圭史さん。

御冥福をお祈りいたします。

Sponsord Link



死因が気になる!


では、その武田”コックローチ”圭史さんの死因についてはどうでしょうか?

ご自宅で倒れていらっしゃったとのことで、前々から病気を患っていたという可能性も低そうですよね。

ということは、突発的な心臓系の病気や脳の病気が濃厚ですね。

急性心筋梗塞、脳梗塞、くも膜下出血など急性のものが可能性として高く、癌など慢性的な病気ではないと思われます。

関係者が亡くなられたことに驚いているところを見ても、やはり急性の心筋梗塞や脳梗塞などが可能性として高いのではないでしょうか。

この辺りは情報が出てくれば追記していきたいと思います。

以上「武田”コックローチ”圭史(同人)の経歴とは?死因も気になる!」の記事でした。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする