佐藤オオキの年収とは?スタバマグやらせん箸の斬新なデザイン!



新進気鋭なデザイナー佐藤オオキさん。

日本人はスタイリストの様に出来合いのものをアレンジするのは得意ですが、一から作品を作り上げる創造的な部分は不得手としていることが多く、

日本人にデザイナーという職業は向いていないと語る専門家もいたりしますが、

そんな中、佐藤オオキさんはデザインの世界で勝負する数少ない日本人といえそうな存在です。

最近佐藤オオキさんご自身もテレビなど露出が増えてきて少しずつ世間に顔を広めつつありますよね。

そこで今回は、そんな佐藤オオキさんの年収や素晴らしい才能の一端に触れてみたいと思います。

Sponsord Link





スタバマグやらせん箸などの斬新なデザイン!


まずは佐藤オオキさんの圧倒的な才能の一端に触れていきましょう!

佐藤オオキさんのデザインで有名なのがなんといってもこれ



スタバマグ!

本体自体は非常にシンプルで実務家が好みそうなデザインですが、その裏面に遊び心が満載!

なんとデザイン的に不要な部分にあえて超リアルなラテ風のデザインを施し、シンプルな中にも遊びの部分にこだわりが!
さらに日本人固有の粋(見えない部分にこだわること。着物の裏地が派手とかそういうのを粋だと思っている江戸っ子が多い)なセンスも見せることで日本人らしさすらあらわした斬新なデザインでした。

さらにはらせん箸!


こちらも有名な様ですね。

らせん状の箸自体が今までなくて斬新なんですが、なんとこのらせん箸はらせん部分を利用して重ねることが可能!

シンプルで使いやすさと収納の時にバラバラになってしまう問題もデザインで解決してしまうこのアイディア・・・

このセンスが元来の日本人にない部分で、日本人の粋な部分を感じさせながらも斬新かつ革新的なデザインで人々の心を掴む。

本当に今後が楽しみな素晴らしいデザイナーですよね^^

Sponsord Link



佐藤オオキの年収とは?


そんな素晴らしいセンスをお持ちの佐藤オオキさん。一体どれほどの年収を得ているんでしょうか?

気になったので調べてみると・・・

佐藤オオキさんは2002年に早稲田大学の大学院を卒業と同時に『nendo(ネンド)』というデザインを専門とした会社を設立されたそうです。

上記のスタバマグやらせん箸などでも解るように、シンプルな中に遊び心溢れる作品は世界中の注目を集め、

2012年、イギリスのライフスタイル雑誌「Wallpaper」および「Elle Deco International Design Award」にて「Designer of the Year」を最年少で受賞!
2013年、北欧最大のインテリアデザインの見本市「Stockholm international furniture fair」および「Toronto Interiro Design Show」にて「Guest of honor」に選出!
2015年、欧州最大のインテリアデザインの見本市「Maison & Objet Paris」にて「Designer of the Year」を受賞。

と近年は凄まじい受賞ラッシュ!

これほど世界で注目されていれば、さぞかしその年収も凄まじいことでしょう!その額を調べてみると・・・

残念ながら公表していない様ですね。

しかし、一般にデザイナーの年収って普通クラスで数百万、人気なデザイナーで数千万という年収を稼ぐそうですが、佐藤オオキさんの場合、すでに『nendo』という個人ブランドを持っており、なおかつその個人ブランドの代表です。

その稼ぐ額はおそらく数千万というレベルじゃきっとないですよね・・・

おそらく億に到達しているんじゃないかなと・・・

ちなみに日本が誇る服飾ブランド『タケオキクチ』の売り上げは141億年だそうで、さすがに『nendo』はそこまでの売り上げには達してはいないと思いますが、10億円位は売り上げているんではないかと予想・・・

今後タケオキクチ(畑が違いますが)を超える日もそう遠くないのではないでしょうか^^

今後が楽しみなデザイナーさんですよね^^注目していきたいと思います!

以上「佐藤オオキの年収とは?スタバマグやらせん箸の斬新なデザイン!」の記事でした。最後まで読んでいただいてありがとうございました!

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする