北の湖親方(理事長)の重病はがんだった!家族や息子北斗潤は?



昭和の名横綱がまたもや亡くなられてしまいました。

元々重病説が飛び交っていましたが、体調不良で入院という報道が出た数時間後、亡くなられてしまわれたようです。

最近、芸能人のがんによる死去のニュースが本当に多いですよね。

川島なお美さん、今井雅之さん、

川島なお美が入院してた病院はどこ?胆管がんの原因やステージは?

亡くなられてはいないですが、奇しくも北の湖さんが死去した日と同日に放送された爆報THEフライデーにおいてもがんで生還した人特集でした。

長谷直美の大腸がん予防の食生活に驚愕!離婚で別れた長女は?

沢田雅美の胃がんの後遺症が辛すぎる!子供はいるのか?

最近の日本は本当に欧米食が進んでいるからかがんが多いですね。

今回はそんな北の湖親方(理事長)の重病の噂ががんだったという話や息子さんについてお届け!

Sponsord Link





北の湖親方(理事長)の重病というのはやはりがんだった!


実は前々から北の湖親方(理事長)が重病を患っているという噂は流れていました。

7月にも体調不良で入院した北の湖親方・・・

発表では『両側水腎症』という腎臓に水がたまるという病気で、手術によりこの病気を克服したと思われていましたが、

やはりこの両側水腎症という症状もがんによる転移の影響なのかもしれませんね。

実は北の湖親方は3年前に直腸がんの診断を受け内視鏡手術。昨年もポリープを除去しています。ですが、このポリープは実はがんの再発でポリープなんて軽いものではなかったのではないかとの噂もあり、

角界のトップということで弱気な姿は見せられないと隠してきましたが、実は3年間ずっと直腸がんと闘い続けてきたのかもしれません。

2015年11月20日、ついに力尽きて亡くなられてしまいましたが、その亡くなられた原因というのが直腸がんによる多臓器不全

多臓器不全ということですからもう直腸がんは手の施しようがなく、周辺の臓器まで散らばりその周辺臓器もがんとなり・・・ついに・・・

という感じでしょう。

昨日まで普通にお仕事をされていたという北の湖親方。正直末期のがんの痛みは相当なものでとても耐えられるものではなりません。

それを隠して仕事をしているというその精神力。

昭和の名横綱は死に際まで力士としての魂を見せつけたということでしょうね。

北の湖親方。御冥福をお祈りいたします。

Sponsord Link



家族や息子北斗潤は?


北の湖親方(理事長)が亡くなられたということで、家族もなんらかのコメントを今後発表されるかもしれません。

奥さまについては、前に出るタイプではないのか、全く情報がでてきません。離婚したとか死去とかの報道もないので、葬儀などの中継でテレビに映るかもしれないですね。

その中で注目なのが俳優である息子の北斗潤さん。

1981年(昭和56年)1月7日生まれで今年34歳。

目立った出演作品というのがないのですが、2004年秩父事件の120周年作品『草の乱』において萩原勘次郎役で出演されているようです。

最近では目立った活動もされているように見えないですし、もしかしたらお父さんが亡くなられたことによるコメントが久々のテレビ出演になる可能性が高く、

そのコメントに注目が集まりますね。

家族のコメントが発表され次第追記していきたいと思います。

以上「北の湖親方(理事長)の重病はがんだった!家族や息子北斗潤は?」の記事でした。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする