亜人のアニメ映画とテレビアニメとの内容の違いは何?オリジナル?



アニメ映画の製作が発表され、もう間もなく公開となる人気漫画「亜人」。

とにかくスリリングな展開と主人公視点の思考の展開の速さと取り巻く環境が随時変わっていく作風にファンが急増していますよね。

2013年に大ヒットした漫画「進撃の巨人」と似たような雰囲気を持っている漫画で次にヒットするのは「亜人」ではないか?とまで言われている作品です。

その亜人ですが、なんとアニメ映画化が決定したのと同時進行でなんとテレビアニメ化も決定。

その違いなど気になりますよね。調べてみました。

Sponsord Link




どっちかはオリジナルストーリーなの?


そもそも、映画とテレビアニメ、映画は3部作にあるようですが、一作目は11月に公開、テレビアニメの方は2016年1月に放送となるそうです。

え、下手したらちょっと被るんじゃないの?

と思ってしまいました。そもそも、映画で3部作ということですが、原作は現時点(2015年11月)の時点でまだ7巻までしかリリースされていません。

映画三部作となると、普通に考えればボリュームが足りませんよね。

映画はもしかしたらオリジナルストーリーでやるのかもしれない・・・

と思っていましたが、まだ1作目なんですよね。

1作目って通常キャラや世界感の設定の説明が主な役割となっており、ここをオリジナルにしてしまうとかなり無理な作品になる可能性が大きいですよね。

『亜人』と謳った別物になり下がることだってあり得ます。

そう考えると第1作目でオリジナルストーリーってかなり厳しいと思いますね・・・

[ad#ad-1]

亜人のテレビアニメとアニメ映画の内容の違いは?


では、亜人のテレビアニメと映画の違いってどこなんでしょうか?

調べてみると・・・

どうやら、映画版では語れなかった細かい部分をアニメでは表現していくことになるんだそうです。

立ち位置的には映画を先に公開して、その補足的な部分をアニメで描いていくスタイルになる様ですね。

この亜人という作品は、主人公自身が思考の多い人物であるだけでなく、作品の展開上、世間の感覚では亜人は悪と認定されている節はありますが、主人公自身は亜人であることから一人称は亜人側・・・

しかも亜人には世間的に見て良い亜人と悪い亜人がいて、主人公も冷酷な面を持ち合わせながらも、人間的な面も出てくる複雑な人物です。

そんな複雑な主人公を映画の2時間である程度語ろうとすればカットが多くなるのは当然で、そのカットになってしまった部分もアニメではしっかり描いていこうという事のようですね。

まだ映画がどんな内容なのか、見てないので解らないですが、配給元もかなりプッシュしているみたいですし、かなり期待できますよね。

公開は11月27日からです。興味のあるかたはぜひチェックしてみてくださいね^^

以上「亜人のアニメ映画とテレビアニメとの内容の違いは何?オリジナル?」の記事でした。最後まで読んでいただいてありがとうございました。


Sponsord Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です