魔法科高校の劣等生のアニメがつまらない?2期はあるのか?



大人気のライトノベル作品『魔法科高校の劣等生』ですが、アニメ化された作品がつまらないとの噂がありますね?

アニメも2クールやりましたし、打ち切りという感じでは無かったのでそこまでひどい出来ではないと思うんですが、

正直個人的にも物足りないと思うところがありました。

それはどういう点なのか?2期があるかどうかについても一緒にどうぞ!

Sponsord Link





魔法科高校の劣等生のアニメがつまらない?


では、魔法科高校の劣等生のアニメがつまらないと感じる理由とはなんなのでしょうか?

作画崩壊という絶望的な状況もなく、声優さんも主人公司波達也に中村悠一さん、ヒロインの司波深雪に早見沙織さんが起用され、

昨今に人気作に声優ではなくタレントが起用されるという最悪な事もなく、どちらかといえば、キャラに声はあっていたと思いますので不満も全くありませんでした。

なのにも関わらずつまらないと感じるのはなぜなのか・・・

個人的に思うに、それは魔法科高校の劣等生に何を求めているかによって変わってくるとは思うのですが、あえて個人的に魔法科高校の劣等生に求めている要素を言わせてもらえば、

主人公司波達也の圧倒的なまでの俺TUEEEEEE感です。

主人公司波達也はこの作品において最強のキャラで戦闘シーンの多い世界感にあってその能力は作中最強。

ですが、世間の評価基準にそぐわない能力であるが故に、劣等生扱いされています。なのにも関わらず達也の活躍はこの評価に対して真っ向から否定するほど凄まじいものであり、その実績も凄すぎて世界が達也中心に回っているのではないかと感違いするほどの格の違いを見せつけます。

この活躍が、世間の評価に対してカタルシス的な趣があり、そのカタルシスを楽しむという点が魔法科高校の劣等生には感じられるのですが、

アニメでは達也の実績が高まるシーンがカットされていたり、あまり深く描かれていなかったりと不満の残る出来となってしまっているんですね。

9校戦でも、真由美のCADを達也が調整するシーンがカットでしたし、達也の完全マニュアル入力のCAD調整も、珍しいな位で終了。

戦闘に関する達也の能力は上手く描けていましたが、9校戦での達也のエンジニア(魔工師)しての能力はあまりクローズアップされず、9校戦が消化不良に終わってしまいました。

この辺り綿密に描いてしまうと尺が足りないのは理解できますが、ファンがこの作品に何を求めているかを考えればもう少しやりようがあったのではないかなとも思えますね。

第二期があるとすればそのあたりは改善していただきたいところです。

Sponsord Link



第2期はあるのか?


では、最後に第2期はあるのか?についてですが、現段階(2015年11月)ではその情報は流れておりません。

現在本編では達也と深雪が実の兄弟でありながら遺伝子操作を受けていることで戸籍を調整すれば結婚可能ということで、なんと衝撃の婚約をしてしまいました。

ファンにとっては待ちに待った(人によって)展開で、そこに一条家の将輝、七草の真由美もよこやりを入れてきていて一気に複数の人が入り混じる人間模様が描かれる展開になっています。

正直この展開をアニメでみたいという人多いのではないでしょうか?

アニメ第一期は単行本にして7巻まで描かれており、2クール使って7巻ということは、まぁ第二期を同じ尺でやっても14巻まで、

深雪が生徒会長になるあたりで終了しそうで、とても深雪と達也の婚約まで描かれなさそうですが、黒子のバスケの様に3期もあり得るわけですし、そもそも2期がなければ3期もありません。

仮に2期もやるとしてどこまでやるかですが14巻前後ということなので、2年生にあがり達也にとって2回目の9校戦まで描かれることになるのではないでしょうか?

この2回目の9校戦ですが、達也は表ではそれほど活躍しません。裏で九島列の陰謀を独力で排除することになるのですが、はたしてこれをアニメで見ることができるのか・・・

個人的には見てみたいので、担当の方、ぜひアニメ化検討していただけないでしょうか?

よろしくお願いいたします。

以上「魔法科高校の劣等生のアニメがつまらない?2期はあるのか?」の記事でした。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする