スラムダンクが続編連載再開の噂は本当か?流川がNBAで活躍!


井上雄彦先生の伝説的なバスケ漫画『スラムダンク』!

この作品でバスケを始めた方って連載当時もの凄い人数に上ったそうで、それまで人気だったサッカー部や野球部が閑古鳥が鳴くほどバスケ部に持っていかれたそうですよ。

そんなスラムダンクですが、連載が中途半端な形で終了しましたよね。

絶対王者山王がなぜか全国大会の2回戦で対戦。

この試合が漫画史に残るほど素晴らしい試合となったんですが、激闘と言うかホント死闘の末勝利した主人公桜木花道が所属するチーム湘北ですが、

その次の試合はダイジェストというか、文字のみで

『嘘のようにボロ負けした』

でエンディングになってしまいました。

ファンは嘘だろと・・・

関連記事

スラムダンクに10日後エピソードがある!内容ネタバレします!

続編の再開が待たれてもはや20年。ついに続編の噂が出てきたんですが真相は?

Sponsord Link


続編は流川のNBA編!

続編はなんと流川楓のNBA編なのではないかという噂になっていますね。

もう連載から20年経っていますし、今更高校2年の話とかぶっちゃけ読みたくないし・・・

なんて思うファンもいるかもしれません。

大黒柱の赤木はもう引退していますし、桜木、流川が2年になっていれば、三井もいません。

そこは新入生で保管するのかもしれませんが、やはりファンとしては赤木や三井がいないとちょっとと思う人もいるでしょう。

そこで出た案が凄まじい人気のあった流川がNBAに挑戦しているというストーリー。

流川は作中でもアメリカへの留学を考えていたこともあり、将来的にはNBAに挑戦するんだろうな・・・と思わせるシーンもありました。

ですが、その部分はやはりファンの頭の中で補完されている方がいいと思うんですよね。

スラムダンクは天才的な身体能力を持つ桜木花道が超高校級の選手相手に成長していくサクセスストーリーだった気がします。

そこには高校生だからこその青臭さとか青春的な要素もあって人気があった気がするんですが、そういった要素を抜いて殺伐としたプロの世界をスラムダンクのキャラで描く・・・

個人的にはちょっと・・・

Sponsord Link


そもそもスラムダンクが続編連載再開の噂は本当か?

そもそもなんですが、スラムダンクの連載再開の噂って本当なんでしょうか?

現在井上先生は『バガボンド』を連載中。

このバガボンドがまだ当分終わらない感じがするんですよね。

そのバガボンドの連載を中断、または平行してスラムダンクという伝説の続編に挑むのは流石に無謀だと思うんです。

そもそも、このスラムダンクの続編に対して作者の井上先生は全く関与している素振りがないんですよね。

正直続編の連載再開についてはガセの確率が高そうですね。

90年代はまだ井上先生もスラムダンクの続編の連載について含みのある発言をしていたようなんですが、現在はすっかりスラムダンクに関して発言する機会がなくなってきた井上先生。

果たしてスラムダンクの続編の連載はあるのか?個人的には期待したいのですが・・・
関連記事
スラムダンクに10日後エピソードがある!内容ネタバレします!




以上「スラムダンクが連載再開の噂は本当か?流川がNBAで活躍!」の記事でした。最後んで読んでいただいてありがとうございました。

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする