学級崩壊の原因は保護者にあるのか?立て直しには覚悟が必要!



最近はめっきり聞く機会がなかった『学級崩壊』という言葉。

もうこんな事態って滅多にないのかなと思っていたらそうでもないようです。

学級崩壊は現在でも確実にあり、それに頭を悩ます学校も少なからずあるみたいですね。

では、その学級崩壊の原因は何なのか?保護者にも問題があるのか?立て直しには?

調べてみました。

Sponsord Link




学級崩壊の原因は保護者にあるのか?


では、学級崩壊の原因とはなんなのでしょうか?

多くの人の認識というのはやはり学校側にあると考えている人が多いみたいですね。特に校長の責任はかなり大きいと考えているようです。

どのクラスにも要注意な児童や生徒はいるものですが、その割り振りの責任はやはり校長にあり、担任を持つことになる先生の指導力、経験など考慮に入れて割り振るはずですが、先生のキャパシティを超えてしまうと制御不能となり、学級崩壊へとつながってしまうと考えている人が多いみたいですね。

しかし、これは学校だけの問題でしょうか?

個人的には保護者にも問題があるのではないかと思うんですよね。最近ではモンスターペアレンツなんて言葉もある様に、保護者の深刻なエネミー化が顕著です。

そもそも学級崩壊のプロセスを考えると、まず発端はやはり教師だと思います。

教師が児童、生徒への対応を間違える。ここは教師の失態なのでなんとも言えませんが、この後が問題です。

この教師の失敗(厳しく接して反発、または甘くし過ぎてなめられる)がその失敗した児童(生徒)の親に伝わる→親が学校に抗議(モンスター化)→学校側が謝罪→これを見た児童(生徒)が教師のいうことを聞かなくなる→学級崩壊

というプロセスをたどっている気がするんですよね。

もちろん最初のきっかけの多くは教師の対応の甘さや経験不足などからくる失敗かもしれません。ですが、最初はだれでも初心者です。段階を踏んで行って初めてベテランの教師になるのであって、最初から偉大な教員である人なんていません。

偉大な教師になるには保護者の協力があってこそだと思います。しかし、モンスター化してしまった保護者は教師を育てるどころか教師の敵に回ってしまってますます子供をつけあがらせる要因になっているのが現状だと思うんですよね。

学校が昔と違って教師にとってつらいものに変わってきていると言われてかなり経ちます。もう少し保護者が教師によりそってもいいと思うんですが・・・

Sponsord Link



立て直しには覚悟が必要!


起こってしまった学級崩壊・・・立て直しには相当な覚悟が必要な様ですね。

上っ面だけの関係ではこの冷え切った関係は回復することはなく、担任は児童(生徒)になめられ、上司には小言をくらい、相当なストレスにさらされます。

その状況下でも児童(生徒)達と真剣に向き合う情熱がなければ立て直しは難しいでしょうね。

もちろん校長や保護者の協力も必須なのはいうまでもありません。

一度崩壊に至った学級を立て直すのは経験豊富な校長や教頭が入ったとしても難しいものです。

保護者、学校、担任が一対となって立て直しに立ち向かわなければならないにも関わらず、多くの場合保護者は傍観者を決め込む可能性が高く、敵に回ることすらあり得ます。

その状況で崩壊した学級を立て直す・・・

難しいのは目に見えていますよね。

そのような状況で一人一人の児童(生徒)と情熱をもって接し、認め、対話ができるようになって初めてスタートラインだそうです。

学級崩壊に陥ったら一刻も早くこの対話が成立する段階まで持っていかなければならないのにも関わらず、周りの協力は皆無で、大体の場合担任の先生が単独で動かなければならないことが多く、それでは立て直しも難しくなるのは当たり前だよなと思うんですよね。

学級崩壊の解決法に正解というのはないとは思いますが、やはり陥ってしまったからには保護者、学校連携して一枚岩で立て直しに向けて努力することがまず最初の一歩となるのではないでしょうか?

以上「学級崩壊の原因は保護者にあるのか?立て直しには覚悟が必要!」の記事でした。最後まで読んでいただいてりがとうございました。

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする