ワンパンマン【アニメ】11話のネタバレ、あらすじ紹介!


テレビアニメ化もしてもの凄い人気を誇る『ワンパンマン ONE PUNCH MAN』!

主人公サイタマが漫画史に残るほど凄まじい『俺TUEEEEE』キャラなことで人気のこの作品ですが、アニメも絶好調の様ですね^^

今回は最終回まで残りわずか、だと思われますが、さて最新11話(2015年12月9日現在)はどういった展開となるのか。

ご紹介しいぇいこうと思います。

ネタバレやあらすじが含まれます。ご注意ください!

Sponsord Link




ワンパンマン【アニメ】11話のネタバレ、あらすじ紹介!


10話までは?


ヒーロー協会にS級のヒーローが召集されました。ただならぬ空気でそこに協会に未来予想を提供していたシババワが亡くなったことが知らされました。

その最後の預言が「地球がヤバい」

というもの。

半年以内の地球がヤバいという事態になることに戦慄するメンバー。突如地響きがおこり、ヒーロー協会があるA市が壊滅する事態が発生。

宇宙人が地球に来襲してきて、地上ではs級やA級のヒーローが決死の戦いが始まりました。

そんな状況の中、我らがサイタマは、単独で敵の宇宙船に乗り込んで行きますが・・・

というのが10話のあらすじでした。

Sponsord Link



11話ネタバレ、あらすじ


地上では最上3戦士の一人メルザルガルドにS級ヒーローシルバーファング、ぷりぷりプリズナー、金属バット、アトミック侍が決死の対応。

打ち落としてくる大砲に対し、タツマキがサイキック能力で砲撃を打ち返すという展開となり、その最上3戦士の力にS級戦士4人がかりで圧されぎみに展開していきます。

方や、宇宙船に単独で乗り込んでいったサイタマは、相変わらず圧倒的な力で次々に出てくる敵を一撃で粉砕。

最上3戦士の残り二人グロリバースよゲリュガンシュプもサイタマの前に立ちふさがりますが、やはり一撃で粉砕

敵の大将ボロスの元にたどりつきます。

ボロスが地球にやってきた理由は、

宇宙中を荒らしまわり、敵が誰一人いなくなってしまったボロスにある預言者が、

遠く離れたこの星に俺と対等に戦い楽しませることができる者がいる」と・・・

その相手がサイタマだと確信するボロス。

宇宙一といっても過言ではないボロスと地球人サイタマの戦いが始まります。

初めてサイタマのパンチ一発で倒れなかったボロス。

戦いの最中にどんどん進化していき、戦いは地球が滅んでしまうのではないという過酷なものになっていくボロスとサイタマの戦い。

サイタマは防戦一方となる展開ですがそれでも倒れないサイタマ(防戦一方というかノーダメージで防御の必要がなさそう)。

ついにボロスは最終奥義メテオリックバーストを発動して・・・

という感じに11話は終わるのではないかなと思いますね。

11話でボロス戦が片付くのかどうか解りませんが、最強の力を持つサイタマと戦った時点で、もうボロスに勝ち目は・・・

後は放送を見てお楽しみください^^

以上「ワンパンマン【アニメ】11話のネタバレ、あらすじ紹介!」の記事でした。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする