ワンパンマン、ガロウ編のネタバレ、あらすじ紹介!災害レベル神!


ワンパンマンのエピソードにおいて最大最長のエピソードであるガロウ編。

現在(2015年12月)コミックスが10巻までリリースされていますが、ガロウ編は9巻から始まっても中々先が見えてきません。

原作であるONE先生が書いている方では、もうすでにガロウ編が完結しているようなので、簡単ではありますが、コミックスでの10巻以降のネタバレやあらすじをご紹介していきます。

Sponsord Link




ワンパンマン、ガロウ編のネタバレ、あらすじ紹介!


怪人協会


その日もヒーロー狩りに勤しんでいたガロウですが、そこにサイタマの弟子ジェノスと合間見れます。

さっそく戦闘になる両者ですが、ジェノスは今までのヒーローの様にはいきません。そこに元師匠であるバング、そしてバングの兄のボンブも参戦し、ガロウは不利な状況に・・・

もう少しでガロウを仕留めるというところで、怪人協会にガロウを連れ去られてしまうジェノス達・・・

怪人協会はヒーローを潰すために作られた組織で、属している全ての怪人が災害レベル鬼以上というもの・・・

怪人協会への加入を勧められるガロウ・・・

その頃ヒーロー協会も怪人協会のことを突き止め、ヒーローを集めて総攻撃をかける手筈を整えていました。

始まるヒーロー協会と怪人協会の全面対決。

その中でヒーローを憎む気持ちを持っているのに、怪人にもなり切れないガロウ。

ヒーロー対怪人の全面対決の中で自分の立ち位置が微妙になりながらも戦い続けて、ガロウは徐々に覚醒していきます。

それはサイタマが己に課したトレーニングをしているうちにどんどんリミッターを解除していったのと同じ様に、ガロウも戦いの中で自分を追い込み覚醒し始めていました。

[ad#ad-1]

ガロウ覚醒、災害レベル神


怪人との熾烈な戦いが繰り広げられ、S級2位のタツマキですら傷つき苦戦を強いられる中、我らがサイタマがついに戦いの場に現れます。

サイタマが現われた時、そこにいたのは、完全にリミッターを解除し、人智を超えた力を手にいれ怪人に変容したガロウでした。

ついに対峙するサイタマとガロウ・・・

サイタマ「えーと、お前は何なのかな?

殴りかかるガロウ・・・

サイタマ「何すんだお前、俺にも喧嘩売る気か?

ガロウ「ケンカ?さっきまでの戦いがお前には喧嘩に見えたのか?

サイタマにはガロウのやっていることが怪人ごっこにしか見えず、

趣味で怪人やってるのか?

状態・・・

サイタマ「とりあえずぶっ飛ばすか・・・

戦いが始まります。

サイタマ同様リミッターが外れたガロウ。

サイタマのパンチを食らっても一発では倒れません。

凄まじい攻防を繰り広げるサイタマとガロウ。

ここでガロウが技術の高さを見せつけ始めます。

サイタマのパンチを見切り、よけ始めるガロウ・・・

サイタマは相変わらずガロウの攻撃を受けても全くのノーダメージですが、ガロウにも攻撃が当たりません。

勝ちを確信し始めるガロウですが、サイタマはそんなガロウに、

本気だしてないだろガロウ。素人目にも解るぜ、やっぱり甘い・・・

俺が本気を出せばいいのか?

必殺マジシリーズ

マジちゃぶ台返し!

地面が突如空中に放り出されガロウに逃げ場がなくなります。サイタマにたこ殴りにされるガロウ・・・

手も足も出なくなったガロウですが、ついに覚醒は最終段階に入ります。

しかしそれでもサイタマには全く手も足も出ず、ガロウは敗戦を悟ります。

そこに現れるヒーロー達。もう戦えないガロウに対して、危険すぎるととどめを刺そうとするアマイマスク・・・

間に入ったバングが弟子に愛を持って接し、ガロウにはその師の想いが伝わった様子。

アマイマスクがトドメと言ってるうちに姿を消すのでした・・・

という感じでガロウ編は終了するようです。

かなり長いガロウ編を簡単にあらすじネタバレをしましたが、現在コミックスにする際に作画を担当している村田雄介先生がこれをどのように描くのか・・・

楽しみですね^^

以上「ワンパンマン、ガロウ編のネタバレ、あらすじ紹介!災害レベル神!」の記事でした。最後まで読んでいただいてありがとうございました。


Sponsord Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です