天鏡のアルデラミン、アニメ第一話のあらすじやネタバレは?



ついにアニメ化が発表された「ねじ巻き精霊戦記天鏡のアルデラミン」。

個人的にアニメ化を待望していて、2015年の2月くらいにアニメ化がいつか?なんて予想記事を書いていたんですが、その記事では2015年の秋くらいなんて書いていました・・・

しかし、全く秋に放送されるそぶりも見られず・・・orz

ってなっていたら来たぁぁぁアー!アニメ化発表!

今回はそんなねじ巻き精霊戦記天鏡のアルデラミンのアニメ第一話のあらすじやネタバレ紹介!

Sponsord Link




アニメは何クール?


そもそも天鏡のアルデラミンのアニメは何クールで放送されるのでしょうか?

大体最近の傾向を見ていると、ライトノベルは二期で大体消費7巻。コミックスが原作の場合は大体その倍という感じで消費しています。

天鏡のアルデラミンは7巻で一つの区切りというか第一部完みたいな感じになりますので、おそらく原作7巻までアニメ化されるのではないかと思われます。

そうなると大体2クールの放送になるのではないかと思うんですが、どうでしょうか?

というか1クールで中途半端な感じで放送されると「製作なにやってんじゃコラぁぁぁぁぁ」

ってなりそうですけど・・・

7巻は本当に感動の巻で、ヒロインとして活躍していたヤトリが・・・イクタの腕の中で・・・みたいな展開になり、これをアニメでやらずして何をやる!って感じです。絶対に7巻まではアニメでやってほしいですね。

Sponsord Link



第一話ネタバレあらすじは?


では、アニメねじ巻き精霊戦記天鏡のアルデラミンの第一話のネタバレをしてみたいと思います。

主人公はイクタ・ソローク。常に怠惰な態度でサボタージュは当たり前で、女性がいれば口説くという好色家の17歳。

ですがその正体は帝国陸軍の元大将バダ・サンクレイの息子で、父親は体力、戦力ともに全く役に立たない軍人でした。しかしそのあまりにも素晴らしい智略で大将にまで上り詰め名将として謳われましたが、ある理由から投獄され、家族も狙われることになったことから軍を毛嫌いしていました。

ヒロインはヤトリシノ・イグセム。イグセム家というのは帝国において軍人のおける家系で圧倒的戦力を誇る家系でもありました。

二人は幼馴染で、イクタの出生の秘密を知っているのヤトリとイグセム家だけです。

舞台は帝立高等学校の卒業式

ヤトリは首席で卒業を決めており、教師陣から称賛を受けていましたがわずらわしく思っていました。この高等学校の卒業式の後は会食パーティーとなっており、そこに卒業式をさぼったイクタが現われ氷菓を奪おうとしますが、

最後の氷菓、イクタの氷菓を奪う事に成功したヤトリ・・・

イクタの本当の実力を知らない同級生はイクタをバカにしますが、イクタの力を誰よりもしっているヤトリは、イクタの取引を持ちかけます。

それは高等士官試験を共に受ければ、イクタにはイグセム家のコネを使って図書館の司書としての仕事を斡旋すること。

その代わり高等士官試験においてヤトリに有利になる様に立ちまわること!

という条件で・・・

つまり、イクタに兵を率いる試験を協力させようという事ですね。

しぶしぶ引き受けるイクタ・・・しかし運命はそんなにうまくは動かないみたいで・・・

高等士官試験を受ける学生を乗せた船は沈没するとこになってしまい・・・

ここからはじまるイクタ・ソロークの後の世に「常怠常勝の知将」と謳われる英雄譚がはじまります。という感じのあらすじになっています。

アニメ第一話。今から楽しみですね^^

以上「天鏡のアルデラミン アニメ第一話のあらすじやネタバレは?」の記事でした。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする