SAOプログレッシブ4巻ネタバレ③!感想も一緒にご紹介!


長いので何回かにわけてお送りしているソードアートオンラインプログレッシブ4巻のネタバレもついに最終回!♯3をお送りします(笑)
前回までに即席でレイドパーティーを組んで5層のボス戦に挑むことになったキリト達。ボスの部屋にたどりつきますがはたして・・・
前回を読んでいない方は

SAOプログレッシブ4巻ネタバレ①!PKの不安とアスナの危機!
SAOプログレッシブ4巻ネタバレ②即席メンバーで5層攻略!

こちらからどうぞ^^

Sponsord Link





SAOプログレッシブ4巻ネタバレ


ボス戦


ついにボスの部屋にたどりついたキリト達。しかし、やはりボスはベータテスト時代とは代わっていて、なんとただのゴーレムではなく、部屋全体と一体化しているゴーレムでした。

両手、両足で攻撃してくるボスに苦戦するも、攻撃パターンが解ってくると戦闘を優勢に進めるキリト達。

しかし、突如階段から口が現われシヴァタが口の中に・・・

必至に鎧で受け止めますが、鎧の耐久力もどんどん消耗していきます。

ついに鎧が砕け散るタイミングで、なんと良い仲のリーテンがゴーレムの口に入り込み持ちこたえることに!

その間にキリト達はゴーレムの弱点である紋章を探します。この紋章さえ攻撃できればゴーレムに捕まった仲間を解放することができるからです。

キリト達の努力の甲斐あって紋章発見。解放されたシヴァタとリーテンですが、もう鎧はギリギリのところでした。しかし、それでも戦闘を諦めようとしない二人。

ボスのライフゲージももう一本になっています。

「ラスト一本、全力で削るぞ!」

「「おう」」

キリト達の猛功が始まります。散々苦労したため、もうボスの攻撃パターンはある程度把握したキリト達。

「キリト、ラストアタックはくれてやる!!派手に決めてくれ!」

までSAOの中でキリトしか使えない技4連激の「ホリゾンタル・スクエア」が炸裂しボスは爆散するのでした^^

Sponsord Link


ギルドフラッグの行方は?


ボスを倒したことでドロップするはずのギルドフラッグですが、キリトのストレージには格納されていませんでした。それはアスナやエギル、アルゴ、ネズハ等馴染みの仲間の所にも同様です。

疑心暗鬼になるメンバー。

誰も持っていると名乗り出ません。

それでも今後のことを考えれば、看過できない問題。キリトはメンバーに語りかえkます。

「ALSとDBKがフラッグを巡って争うようなことはしてほしくない。これからも両ギルドが協力して最前線を攻略してほしい。そう願って今回のレイドパーティーにも参加してくれたはずだ。それはボスと戦う前も、そして勝利した今も変わらない・・・俺はそう信じてる」

「顔を上げてくださいキリトさん」

そうキリトに語りかけたのはオコタンでした。

オコタンは自分のストレージにフラッグが格納されて、もしかしたらそれを交渉材料に両ギルドを統合できるかもしれないと考えたのでした。

しかし、その考えは火種しか生まず、やはりどちらかのギルドがフラッグを持つのは得策ではないとキリトにフラッグを預けることに・・・

キバオウとの取引


先に6層に上がっていくメンバーを尻目に、キリトはボスの部屋に残ります。理由はALSのリーダーキバオウと話す為。

「勢いで預かっちゃったけど、どうするかなぁ」

ぼやくキリトの元にアスナが戻ってきます。

「どうした?6層の主街区に行かなかったのか?」

「・・・キリト君、一人でALSの攻略隊と話す為に残ったんでしょ」

付き合ってくれるというアスナに困惑しているとキバオウがボスの部屋に到着します。

「どうしてここにいるんだ?ボスは?」

「悪い、さっき倒した」

話し合いが始まりますが、キリトには言えないことが多く、なかなか話が進みません。

キリト自身はフラッグをALSに渡してもいいと提案しますが、2つ条件をつけました。

1、同じアイテムがドロップした場合、ALS、DKB双方が一つづつ持つこと、どちらか片方がドロップした場合は、持っていない方に無償譲渡すること。

2、ALSとDKBが統合し、一つのギルドになること。

どちらか飲めばフラッグを譲渡してもいいという条件です。

しかし、ここで声をあげるのは、過去、1層、2層、3層でメンバーをひたす糾弾してきたジョーというプレイヤー。

今回もアスナとキリトが二人だけなのをいい事に、力でフラッグを奪おうとします。

ですが、その提案にキバオウが激怒!

プレイヤーに剣を向けようとするジョーを激しく叱責し、キリトにフラッグを預けると言い残しボスフロアを後にするのでした。



感想


今回のSAOプログレッシブ編4巻ですが、相変わらずキリトとアスナの夫婦の様な関係にニヤニヤする一方で、作者はある一定の所でアスナとキリトは別れることになると言っています。

それは原作と呼んだファンも知っている所ですよね。

アスナは後に血盟騎士団の福リーダーになり、前線の攻略組のトップに君臨するようになるわけで、キリトといずれコンビを解消することになるのはファンだったらみな知っているのですが、

ここまで関係が深くなっていって、どうやって別れさせるんだ?

とかなり作者的に厳しくなってきたんではないかとファンながら心配になってきました。

もうすでに原作とは辻つまが合わなくなってきているわけですし、ここはシティハンターとエンジェルハートみたいに感じで、

パラレルワールドです。

と割り切って最後までコンビで行くことも考えていいのではないかなと期待してみたり・・・

さて5巻からは第6層です。このままのペースでいってプログレッシブ編が終わるのか・・・

お願いしますね川原礫先生。映画もあって忙しいとは思いますが、原作やプログレッシブ編の執筆もぜひ頑張ってください。

前回を読んでいない方は

SAOプログレッシブ4巻ネタバレ①!PKの不安とアスナの危機!

SAOプログレッシブ4巻ネタバレ②即席メンバーで5層攻略!

からどうぞ

以上「SAOプログレッシブ4巻ネタバレ③!感想も一緒にご紹介!」の記事でした。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする