【テラフォーマーズ】燈の親は4人いる?ミッシェルと今後どうなる?



ヤングジャンプにおいて絶大な人気を誇る作品『テラフォーマーズ』!

その中で最も大きな謎と言いますか、議論が多くなされているのが、主人公膝丸燈の親はだれなのか?ということです。

すでに試験管ベイビーだということは作中で語られていますが、そのベースとなった親は誰なのかというのは未だに謎のままです。

今回はそんな膝丸燈の親はだれなのか?ミッシェルとの今後の関係についても考察していきます。

Sponsord Link




【テラフォーマーズ】燈の親は4人いる?


では、まず主人公膝丸燈の親についてですね。

作中、暗躍する蛭間七星は燈の親について4人いるという話をしてます。

この4人というのは、遺伝的な親の話なのか、育てと遺伝子的な親を合わせたものなのかは未だに解っていません。

育てたというか、格闘技を教えたのは膝丸神眼流の師範代です。

しかし、遺伝子的な親となるとおそらく膝丸師範代は入っていないでしょう。

一番濃厚なのは1巻の冒頭でテラフォーマーに殺されてしまった秋田奈々緒でしょうね。秋田奈々緒の能力はクモイトカイコガでした。燈の手術によって得た能力もクモイトカイコガ・・・

この燈の手術によって移植されたのが秋田奈々緒の遺伝子なんではないかという話です。

その秋田奈々緒を愛していた小町小吉。もちろん、燈の手術の事も小吉は知っているでしょう!

秋田奈々緒の遺伝子を受け継いだ燈を小吉が息子の様に思っていても不思議ではないですね。

もう一人怪しいのが中国の劉です。

燈を執拗に追い詰めとらえようとするのも、実は自身の息子だったからではないかと思えるんですよね。しかも事情が変わってきた中で、燈を見つめる瞳は親が子と見る瞳を思い起こさせます。

さらに作中劉と張明明は昔から知り合いだったというようなシーンもあります。しかも張明明の能力は燈が生まれつき持っているハナカマキリでした。

やはり燈の遺伝子上の親は張明明で、その張と恋仲であった劉、そして手術によって移植された秋田奈々緒の遺伝子と、秋田奈々緒を愛していた小町小吉・・・

蛭間七星のいう燈の4人の親というのはこの4人のことなのではないかと思うんですよね。あくまで予想の範囲ですが・・・

まだ燈には謎な部分が多く、実は能力もハナカマキリとクモイトカイコガだけではない可能性もあります。

現在連載しているヤングジャンプでは火星編もクライマックスに突入しており、今後の展開が全く予想できず・・・

どうなるのか本当に楽しみです。

Sponsord Link



ミッシェルと今後どうなる?


さてさて、火星で大変な死地を潜り抜けてきた燈ですが、ミッシェルとの関係もかなり変わってきましたよね。

最初ミッシェルは燈の先輩であり、生まれつき特殊な能力を持って生まれてきた運命の子なんて扱いでしたが、それは人為的に作られた燈が現われたことで、ミッシェルをファースト、燈をセカンドなんて呼ばれる様になりました。

作中唯一2つの能力をもつミッシェルと燈・・・

生きてきた境遇は違うものの、部隊における扱われ方が同じなだけに、一緒に行動することが多く惹かれあう二人。

中国にとって奇跡として生まれてきたミッシェルよりも、人為的に作られた燈の方が再現性が高く、その存在を狙われていました。

そんな燈を守るために自らを犠牲しようとしたミッシェル。

このミッシェルがもう燈に会えないことを悲しんで涙するシーンは火星編におけるもっとも美しいシーンではないかと思っています。

すぐにアシモスに助けられましたが、燈と合流してからというもの、一時も離れていません。今後二人がどういった関係になるのかも注目していきましょう^^

以上「【テラフォーマーズ】燈の親は4人いる?ミッシェルと今後どうなる?」の記事でした。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする