テラフォーマーズ実写映画のその後をネタバレ!20年後の話!



公開前からひどいなんて噂が立てられ、なんとも言えない雰囲気の実写版映画『テラフォーマーズ』ですが、

実写版のその後のお話は絶対話題になると思います。

個人的には小吉が主人公な時点で本編には触れないのではないかと思っているんですが、そうなると映画ではプロローグで終了するのか?なんて疑問も残ります。

今回は実写映画のその後をネタバレしていこうかなと・・・

Sponsord Link





テラフォーマーズ実写映画のその後をネタバレ!


こちらでもご紹介していますが、実写映画の主人公小町小吉が主人公なのってコミックス1巻だけなんですよね。

テラフォーマーズの実写映画のネタバレ!山下がバッタに!

プロローグ的なストーリーが展開されていますが、それでもインパクトは確かに十分でした。

ですが、コミックス一巻だけでは映画の分量が・・・

映画のオリジナルストーリーをつけて脚本を伸ばすんでしょうか?

まぁ、この辺はなんとも言えませんね。

では、実写映画のその後はどうなるかというと・・・

2巻以降の話になるのではないかなと思います。

小吉達は火星から帰ってきて20年後・・・

小吉は地下格闘技の施設に来ていました。

そこでクマと戦わされている青年膝丸燈。

驚異的な身体能力でなんと生身でクマに勝利してしまうその強さに勝ってしまいます。

膝丸燈が地下格闘技に身を寄せているのは、幼馴染の女性が謎の病気にかかってしまい、その治療費を稼ぐためでした。

しかし、その病気は地球外のウイルスによる感染症で、治る見込みのないものでした。

小吉達が彼女を確保したといはもうすでに手遅れの状態で、彼女はすでに亡くなった後でした。

それを知らずに戦い続けていた膝丸燈・・・

小吉は燈を火星探索チームに誘います。これ以上、彼女と同じ病気で苦しむ人を出さないために・・・

Sponsord Link



燈には重大な秘密がありました。

その秘密とは、元々バグス手術を受けていないにも関わらず、先天的にバグス能力を持ち合わせていること・・・

それは、小吉に同行して燈を勧誘しにきたミッシェルも同じでした。ミッシェルは20年前小吉が初めて火星に行った際の艦長ドナテロ・K・デイビスの娘で、ドナテロがバグス手術を受けた後に生まれた娘です。

ちなみに実写映画では、全員日本人が演じていることで、堂島啓介という名前に変更され、加藤雅也さんが演じています。

では、燈も同じように誰かがバグス手術を受けたあと生まれた子供?

この燈の親に関してはテラフォーマーズ最大の謎となっており、話題を集めています。

詳しくは

【テラフォーマーズ】燈の親は4人いる?ミッシェルと今後どうなる?

をご覧ください。

果たして燈達は火星にいって帰ってこれるのか・・・



本編となる2巻以降も小吉は登場してきますが、はたして映画はどこまで描かれるのか・・・一巻分をどのように分量を増やしていくのか・・・

個人的に注目しています^^

映画の内容が詳しく解り次第、記事にしていきたいと思います。

以上「テラフォーマーズ実写映画のその後をネタバレ!20年後の話!」の記事でした。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする