ニセコイ200話ネタバレ、あらすじ紹介!ついに最終章へ!



週間少年ジャンプにて大人気連載中の漫画「ニセコイ」!

アニメも原作の大人気という印象のこの作品ですが、ついに最終局面に突入しそうな勢いですね。

各キャラクターのエピソードも着々と回収されていっている中、主人公とヒロインはどうなるのか?

今回は大注目の200話のネタバレ、あらすじをご紹介!

ネタバレにご注意ください!

Sponsord Link




ニセコイ200話ネタバレ、あらすじ紹介!


ついに桐崎 千棘への本当の気持ちに気づいた一条楽!

もう千棘は大分前に楽への気持ちに気づいていましたが、ついに楽も千棘に陥落いたしました!

最早惰性といっても過言ではない定例のデートに出かけた二人・・・

しかし、ふとしたことで喧嘩をしてしまいます。

激しく衝突しますが、運命のいたずらか、行く先々で出会う千棘と楽。仲直りでデートを仕切りなおしゲームセンターに入ったところで、ついに楽は気づいてしまいました!

「どうしたのその顔?なんか赤くない?」

「へ、そそそそうか?別にそんなこと」

解り易く意識し出す楽(笑)

一体いつからだったんだろう・・・

これは好きなんだ・・・紛れもなく・・・

楽の態度にものすごい意識し合う二人!

しかし、千棘から楽は過去に「好きな人がいる」と告白されています。

そうだよ!こいつ好きな奴がいんだよ!これじゃあ自分の気持ちに気づかないほうがよかったんじゃあ!

そんな悶絶している楽に、

「もうすぐ3年生になっちゃうわね。この関係もあと1年で終わりかぁ・・・ちょっぴり名残惜しくもあるわね」

と語りかけます。

「・・・お前はそうでもねぇんじゃねぇか?好きな奴いるんだろ?おわったらそいつと堂々と付き合えるかもしんねぇじゃねーか」

「・・・・・まぁそうかもね」

ちくりと胸が痛む楽

「・・・・どんな奴なんだ?お前の好きな奴って」

「な、何よいきなり」

と今度は千棘が動揺・・・

しかし、

そうね、一言でいえばバカかな?

バカ?

「おまけに鈍感でおせっかいで口うるさくて、その上えらそうに説教してくんの」

おいおい良い所一つもねぇじゃねーか

でも、良い奴なのよ

「・・・へぇ、そりゃまた随分そいつに惚れてんだな」

うん、大好きなの

胸が痛む楽・・・

「じゃあ、やっぱり早くこの関係が終わった方がいいんじゃねーか?」

べつにいいんじゃない?このままで

「は、なんでだよ?」

まぁとにかく、いいんだってば!このままがいいったらいいの!

はぁ?なんなんだよこいつ・・・

あれ、ちょっとまて、これって・・・

過去の千棘との会話を思い出す楽!

あんたって好きな人いないの?

たまたまだけど持ってきたんだからあげるわ!義理だけどね(バレンタイン)

正直今楽しいんだ!この状態が

まさか、いやありえねぇ・・・でもひょっとしたらこいつの好きな奴って・・・

Sponsord Link



翌日親友の集に相談する楽

「俺はずっと小野寺に惚れてたんだぞ!それが今・・・二人の人間を好きなんだと気づいちまった!

正直そんなことを言ってるやつの気持ちなんて分んなかったし、分かりたくもなかった

でも、俺は確実に千棘のことが好きになっちまってる!」

そんな悩める楽に集は、

「だって最高じゃない、あんなかわいい二人に恋をすることができるなんて」

と茶化す集!

「わりぃけどそんな楽観的になれねぇよ」と思い悩む楽に、

「大切なのは、その二人から一人をきちんと選ぶことじゃないかな・・・・」

と諭す集。

時間はあるようで少ない・・・3年になったら一年なんてあっというまだ!

また春がやってくる!

というところで200話は終了しています。

感想


正直モテすぎる主人公楽ですが、ついにメインヒロインの一騎打ちに突入したということになりましたね。

集は楽の二人を同時に好きになることを悪い事じゃないと言いますが・・・

楽さんかなりの不倫脳ですね。

結婚したあとこいつかなりヤバい思考の持ち主なんじゃないか・・・と思ってしまいました!

まぁ、まだ誰とも付き合っていないんですし、ラブコメ漫画の主人公は大体にしてこういう思考の持ち主なんですが・・・

さて、今後はどうなるのか?

個人的にはニセコイにはきちんと一人を選んでほしいなと思っています。

最近のラブコメは、主人公がヒロインを誰か選ばずに

「まだまだこのままでいたいんだ!」

なんてアッチの思考が炸裂する展開で終了する作品もありますから、それだけは勘弁していただきたいなと思いますね。

すべては作者古味直志先生の腕次第!どういう結末に持っていくのか!最終章楽しみにしています。

以上「ニセコイ200話ネタバレ、あらすじ紹介!ついに最終章へ!」の記事でした。最後まで読んでいただいてありがとうございます。

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする