きまぐれオレンジロードのネタバレ!最終回の結末とあらすじも!



80年代のジャンプにおいて一大ラブコメブームを巻き起こした『きまぐれオレンジロード』!

まつもと泉先生が描いたSFの要素も入りつつも、3人の少年少女が出会いから別れ、または結ばれるまでの作品で、アニメ化もされた作品は当時爆発的な人気を誇ったそうです。

その作品、今読んでみてもやっぱり面白いんですよね。

ネタバレの前に読んでみてください

『きまぐれオレンジロード』で検索
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

きまぐれオレンジロードを立ち読みする

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
以下ネタバレがありますのでご注意ください!

きまぐれオレンジロード、あらすじ!

きまぐれオレンジロードは主人公春日恭介は実は超能力一家の出身でした。父親は超能力者じゃないものの、双子の妹二人ももれなく超能力者!

そんな春日一家ですが、なんと妹のくるみが前の学校で驚異的は速さで100mを走ったことから超能力者だとバレかけ転校してきたことで物語が始まります。

初めての町で探索して回る恭介!とても長い階段を数えながら登っていると

麦藁帽子が飛んできます。

超能力を軽く使いつつもキャッチに成功すると、

「ナイスキャッチ」

と超可愛い女の子が声をかけてきます。

それがヒロイン鮎川まどか。

そのまま二人は階段を上り続け、

「98、99、100」

と恭介が階段を上ると、

「嘘、さっきは99段しかなかったわよ」と反論するまどか・・・

100なのか99なのか・・・階段の段数で言い合いになる二人ですが、やがて笑い合いその場は別れることになります。

去っていく女の子に帽子を返し忘れる恭介・・・

「あ、帽子」!と返そうとしますが、

「あげるわ」とまどか・・・

これが二人の最初の出会いでした。

この二人がその後どうなるのか・・・

『きまぐれオレンジロード』で検索
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

きまぐれオレンジロードを立ち読みする

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

きまぐれオレンジロードのネタバレ!最終回の結末

この恭介とまどかにはひかるという2歳年下の後輩が出てきます。

このひかるもなんと恭介に惚れてしまうから奇妙な三角関係が出来上がってしまうんですよね。

恭介もまどかもお互い両想いなのに、ひかるの存在があって素直になれない。

しかもひかると恭介が付き合っているという情報が学校中の広まってしまい余計にまどかと恭介の関係がややこしい事になっていしまいます

この関係に終止符が打たれるのはなんと高校の3年生の時まで行かなければなりません。

まどかと恭介が出会ったのが中3ですから3年もかかるんですね。

一重に恭介が優柔不断ではっきりしないからこんなにも時間がかかってしまったんですが、その恭介のために、ひかるちゃんを傷つけることになってしまいます。

ついに気づいてしまうんですね。ひかるちゃんも、まどかと恭介の気持ちに・・・

まどかは恭介が好きなのに、ひかるが「恭介が好きだ」と言うのを聞いてつい

応援してあげる」と言ってしまっていました。その言葉が自分の気持ちにカギをかけてしまうことになるとも知らずに・・・

恭介の想いを隠し続けたまどかは、ひかる、恭介との関係が破たんを迎える前にアメリカに自分の気持ちを整理しにいくことにします。

父親が世界的な音楽家なまどか。その才能はまどかにも引き継がれていてまどかの音楽家としての能力はかなりのものでした。

それを磨くためにアメリカに留学しようというのです。

しかし、恭介やひかるには解っています。

それが建前だということが!

一度、恭介、ひかるという三角関係から離れて、自分の気持ちに正直に向き合ってみようとするまどか・・・

はたしてまどかはどんな答えを持ってくるのか・・・

まどかの答えはご自分で確かめてみてくださいね^^

『きまぐれオレンジロード』で検索
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

きまぐれオレンジロードを立ち読みする

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

ちなみにですが、この作品、原作とアニメで結末が違います。

原作ではまどかがアメリカに渡って恭介が待つことになりますが、

アニメでは夏の受験が始まる時点でひかるとの関係に終止符が打たれていて、まどかと恭介は受験に入ります。

ひかるは恭介を諦めきれずにアプローチを続けますが、恭介はまどかを選び、ひかると振る形になります。

原作ではまどかが出発する空港でひかるが恭介を振る感じのなるので、ちょっと違う感じです。

ちなみに、その後は小説という形で3編発表されていて、

19歳の大学生の恭介とまどかの話。

22歳の恭介とまどかの話が2話

発表されています。

19歳の大学生の恭介とまどかの話は、ある日恭介は学校に行く際に交通事故に遭い、なんと魂が未来に飛ばされてしまいます。

そこには22歳のまどかと恭介がいるはずの時代なんですが、なんと22歳の恭介は紛争地帯にカメラマンとして撮影に行って行方不明となっていました。

未来の自分に会って力を合わせないと自分の時代に帰ってこれない恭介・・・

その時代には20歳になるひかるちゃんもいて・・・また新たな三角関係が・・・というストーリーになっています。

22歳編は、過去から飛ばされてきた恭介が来た時代の半年後の話で、ひかるちゃんがニューヨークで誘拐されたとの情報が・・・

捜索に向かう超能力者の恭介とそのパートナーまどか!

この頃は恭介の超能力のことをまどかも知っていて、全面的に信頼しています。

はたしてひかるちゃんは無事なのか?というお話です。

もう一遍は、ある日まどかは偶然一人の男性に声をかけられます。その男性はまどかがまだ中学生だった頃憧れていた男性で、死んだはずの男性でした。

まどかの死んだはずの初恋の人が目の前に現われて・・・というお話です。

これらは小説という形で発表されていますので、もし気にある方がいましたら探してみてくださいね^^

『きまぐれオレンジロード』で検索
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

きまぐれオレンジロードを立ち読みする

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

以上「きまぐれオレンジロードのネタバレ!最終回の結末とあらすじも!」の記事でした。最後まで読んでいただいてありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です