MAJOR(メジャー)【漫画】の最終話をネタバレ!結末は打者!


現在続編となるメジャー2NDが連載されていますが、その前編となったメジャーもかなりの名作です。

この漫画を読んで野球を始めたという人もいるのではないでしょうか?

個人的にも読んでいて鳥肌が立ったりした数少ない漫画の一つです。

現在連載されているメジャー2NDを読んで、前編であるメジャーがどういう形で終了したのか気になっている人もいるのではないでしょうか?

ネタバレを含みますので、先に原作を読んでしまわれることをおススメします。

MAJOR(メジャー)で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

MAJOR(メジャー)を読む


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

評判を確認してみても

★メジャー面白すぎん?こんなに面白い漫画を読んでなかったなんて損してますわ。
★やっぱ、おお振りとメジャーのリトルリーグ時代は最高に面白いな!まんが読みたいけどない!!
★やっぱメジャー面白いなぁ。

と好意的なものが多いですよね。
今回はそんなメジャーの最終回、結末がどうなったのかネタバレしていきたいと思います。

登場人物

茂野吾郎:主人公。幼少期から野球に親しみ、本当の父本田茂治譲りの抜群の野球センスを持っている。野球にかける情熱はハンパなく、その熱さ故にチームメイトと衝突することも少なくないが、その熱さでチーム自体を動かすこともある。

プレースタイルはエースで4番タイプ。プロに入ってからは打者としての活躍よりも投手としての活躍が描かれることの方が多くなった。

小学校時代に効き腕の右肩を負傷・・・投手生命を断たれるほどの怪我で中学時代は野球を断念しているかのようにふるまうが、実は効き腕ではない左での投球を練習しており、後に左での投球術を身につけ、日本を代表する投手へと成長していく。

茂野薫(旧姓清水):本作のヒロインで最終回では吾郎の妻になっている。小学校時代からの吾郎の幼馴染ともいえる女性で、小学校時代は吾郎と同じチームでプレーしていた。中学で吾郎が再び転校してきたことで再開するも、高校で再び別々になる。しかし、吾郎が名門高校に挑戦するために野球部のない高校に転校した来た先に薫も在校しており、再び再開。野球部を作るという吾郎に協力していくことになる。

吾郎がアメリカでプロになったことで再び離れ離れになるが、いつの間にか吾郎と付き合うことになり、ついに結婚。作中で子供(長女いずみ、長男大吾)を出産しており、2児の母となっている。

茂野いずみ:吾郎の長女・・・アメリカから帰ってきた吾郎に対して、明らかに世間と違う父親像のため毛嫌いしている。

茂野大吾:吾郎の長男、MAJOR(メジャー)2NDでは主人公となって登場しています。父と同じプロ野球選手として活躍することを夢見ていますがはたして・・・

MAJOR(メジャー)で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

MAJOR(メジャー)を読む


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

MAJOR(メジャー)【漫画】の最終話をネタバレ!結末は

アメリカで投手として大活躍をしてきた吾郎ですが、ついに左腕も痛めてしまい投手としては再起不能になってしまいます。所属チームでも投手として使い物にならない以上解雇という形でコーチ就任を依頼してきましたが、これを固辞・・・

吾郎は日本に帰国してきます。

それからは毎日ゴロゴロパチンコ三昧の生活を送っており、物心ついたころには吾郎が野球をやっていなかったこともあり、長女のいずみは父親を毛嫌いしていました。

どうして普通に仕事にいかないのか・・・なぜ自分の父親は他の父親とこうも違うのか・・・

父のふがいなさに思い悩むいずみ・・・

しかし、吾郎は野球をあきらめたわけではありませんでした。自らの実父がそうであった様に吾郎はなんと打者として再起しようとしていたのです。

その為に、日本に来てからずっと自主的にトレーニングを積んできた吾郎・・・ついに日本の球団でのプロテストの日がやってきます。

結果は合格!

なんとメジャーで投手として活躍した吾郎は、今度は日本で打者として活躍することになったのです。

その始めての試合の日、家族で吾郎のデビュー戦を見に行きます。

半信半疑のいずみ・・・

しかし、吾郎は守備ではもうボールがまともに投げられないほど肩を壊しており、送球すらまともにできません・・・

場内はブーイングの嵐・・・

プロである以上、結果で観客を満足させなければならない。

そんな場内の異様な雰囲気の中、吾郎がついにバッターボックスに立ちます。

会場中はもう終わった選手という烙印を押された吾郎の打席に冷めた注目しかしていませんでした。

しかし、吾郎はここで会場中のボルテージを一気に最高潮まで引き上げる活躍を見せつけます。

打者としてプロ復帰初戦、吾郎、ホームラン・・・

結果で会場を黙らせるどころか一気に味方につける吾郎の凄さを間近で見て父の見方を改めるいずみ・・・

この試合でかっこいい父親の背中を見せつけられたいずみと大吾はさっそく父と同じ野球への道へ進んでいくのでした^^

という感じで終了しています。

ラストは吾郎の息子大吾が将来の夢を聞かれ、

「おとさんと同じプロ野球選手だっていつも言ってるじゃん」

というセリフで物語が締めくくられています。

その大吾の挑戦が

MAJOR(メジャー)2NDで描かれているわけですね^^

MAJOR(メジャー)で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

MAJOR(メジャー)を読む


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

ラストの吾郎のホームラン。正直個人的には涙ぐむほど感きわまるものがありました。素晴らしい作品ですので、ぜひ読んでみてください。

努力すること、諦めないことの大切さ、情熱を持って夢に向かっていけば夢はかなうんだというのを教えてくれる素晴らしい作品です。

まだ未読の方、ぜひぜひ読んでみてくださいね^^

以上「MAJOR(メジャー)【漫画】の最終話をネタバレ!結末は打者!」の記事でした。最後まで読んでいただいてありがとうございました。


Sponsord Link

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です