情熱のアレのネタバレ紹介!最終話の結末(ラスト)はどうなる?



女性の社会進出も進んできており、女性にとってのタブーも結構少なくなってきましたよね。

今回ご紹介する作品「情熱のアレ」もまさにそんな女性のタブーについてのお話です。

いわゆる夜の生活のお話なんですよね。

一昔前までは、女性が夜の営みを話をするのは社会的にはしたないとか思われていた風潮もありますが、今はそういった女性も好ましく受け止められる時代になった気もします。

しかし、やはり恥ずかしいものは恥ずかしい・・・

そんな主人公の葛藤を描いた作品ですが、こう言った悩みって結構多くの人が経験しているのではないかなと思うんですよね。

今回はそんな情熱のアレのネタバレなどについてご紹介していきます。

ネタバレしてしまいますので、その前に無料の試し読みをおススメします。

『情熱のアレ』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

情熱のアレを読む


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

登場人物


藤咲 真紀:主人公で通称マキ!イケメンで草食系の彼氏と同棲中ですが、彼氏が淡泊過ぎて情熱的な営みがしたいマキは食傷気味・・・

北川 類:マキの彼氏で草食系男子の権化のような男。清廉潔白で清潔感もあるものの、力強さに欠ける点でマキと微妙に相性は悪い。マキの悩みに気づいてなんとかしようと試みるが・・・

マキの母:女で一つでマキを育て上げた肝っ玉母ちゃん。60過ぎた今でも恋人をとっかえひっかえしており、男性への情熱は未だに顕在。やり手の経営者でもあり、その才能と情熱を合わせた事業で成功をおさめてマキに仕事を手伝うように頼むが・・・

赤塚:マキの母の店で働く男性。趣味と実益を兼ねてマキの母親の店で働いている。かなりお盛んでマキに惚れるも致命的な失敗をしてしまい・・・

大野 光:イケメンで東大卒の超絶エリート。通称王子。かつて恋人とレスになってしまったことで悩みそれが元で転職。マキと同じ悩みを共有する奇遇な関係になりますが・・・

『情熱のアレ』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

情熱のアレを読む


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑


あらすじ


OLのマキは彼氏と同棲して3年になりますが、悩みは夜の営みが2年ないこと・・・

情熱的な営みが欲しいマキに対して彼氏である北川類は草食系の淡泊な青年でした。

会社でもそのことが話題にあがり落ち込むマキ・・・悩みがあるものの、人には相談しにくい・・・ということで解決の糸口が見つかりません。

そんな時、自分を女手一つで育ててくれた母が倒れてしまいます。

病状は大したことはなかったものの、自分の経営するお店を手伝ってほしいと頼まれるマキ。仕方なく了承し、母のお店に出向くものの、知っている店とは雰囲気が違う・・・

あれ?

なんと母の経営していたおもちゃ屋は、不況と少子化の煽りを受けて、子供向けのお店から大人向けのお店にクラスチェンジしていたのでした!

『情熱のアレ』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

情熱のアレを読む


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑


最終話の結末(ラスト)ネタバレ!


北川類も必死にマキを理解しようとしてくれましたが、結局お互い相性が悪く別れることになってしまいます。

大人のおもちゃ屋の世界に魅了されてきていたマキは本場のヨーロッパのお店を見てさらに刺激を受け、自分みたいな悩みを持っている女性を助けたいと女性向けのそういうお店をオープンするために奔走します。

そんな中、一緒にお店をオープンするために頑張ってくれている赤塚からプロポーズを受けますが、マキには気になっている人がいました。

自分と同じような悩みを持っていた異性である大野光(通称王子)です。

その王子もイケメンでエリートであるが故に女性から言い寄られていますが、王子の心にはマキがいました。

すったもんだがありましたが、お互い相性も良く、成長し合える相手に巡り合うことが出来たマキと王子。

作者からのメッセージも結構ふんだんに盛り込まれた「情熱のアレ」!

結末はご自身の目で確かめてみてください^^

『情熱のアレ』で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

情熱のアレを読む


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑


読んだ後、彼氏に会いたくなること必至です(笑)

 

まとめ


女性がオープンな時代になってきて、夜の話で悩む女性が結構多いです。そして男性の草食化が進んで、ますます人とのコミュニケーションの取り方が難しくなってくる昨今。セクハラだのパワハラだので戦々恐々としている男性も多いですし、男女の性差が難しい問題となってきた感がありますよね。

そんな男女差に一石を投じたこの作品。読んでみる価値はあると思いますよ。読後の爽快感もいい感じでぜひ読んでみていただきたい作品です。

以上「情熱のアレのネタバレ紹介!最終話の結末(ラスト)はどうなる?」の記事でした。最後まで読んでいただいてありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です