ヒメゴト 〈十九歳の制服〉ネタバレと感想!結末はマジかの展開!


ヒメゴト 〈十九歳の制服〉を読んでみました!

19歳という大人とも子供とも取られない微妙な年齢の3人の男女が絡み合う複雑な心理描写と他人には言えない『ヒメゴト』で結びつく奇妙な3人が

大人になる前に最後の子供として経験した出来事を描いた作品です。

今回はそんなヒメゴトのネタバレや結末、感想をご紹介していこうかなと思います。

ネタバレを読む前に先ずは立ち読みしてみることをおススメします。

ヒメゴト 十九歳の制服で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ヒメゴト 十九歳の制服を読む


 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

以下ネタバレにご注意ください!

ヒメゴト 〈十九歳の制服〉登場人物!

ヨシキ:本名櫟原由樹(いちはら ゆき)、行動も見た目も男性そのもので、周りから由樹という本名をもじって『ヨシキ』と呼ばれる19歳の女の子。幼いころから男性的なふるまいをして育ってきており、女性的なふるまいに強制する機会を失い今に至る。家にある唯一のスカート高校の制服を纏っている時だけ女子でいられる。

永尾未果子(ながお みかこ):美女というより美少女という形容が良く似合う女性。実家がお金持ちにお嬢様キャラを通しているが実際はそんなことはなく、貧乏で男くせの悪い母親の恋人に襲われ、その現場を母親み見られたことから捨てられる。

その後祖母の所に身を寄せるが、母親の様にならないように短髪を強要されるなど、過去にかなりのトラウマがある。

中学卒業で働く予定が、当時の教師の助言で生活保護で高校に進むことができ、その教師とは卒業寸前で関係を持つ。教師は本気の恋愛だが、未果子は行為後にくれるお小遣いが目当てであり、段々と教師との溝が開いていく。教師との関係はそのお小遣いの金額が減じてくると共に破たんしていき、その減額は未果子自らの価値が減ったからだと思いこむこととなり、そのことが自らを15歳と偽る要因となった。

カイト:本名相葉佳人(あいば かいと)。線が細い中性的な男性。かなりのイケメンで街角スナップみたな雑誌には何度も載ったことがある。

女装が趣味となっており、学校で見かけた未果子に憧れを抱き、彼女の様になりたいと思うことから彼女に似せたメイクやかつらを着用し、ますます女装にのめり込んでいく。

以下ネタバレに入ってきます。その前に

ヒメゴト 十九歳の制服で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ヒメゴト 十九歳の制服を読む


 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

ヒメゴト 〈十九歳の制服〉ネタバレ

夜の渋谷で未果子を見つけたヨシキは後から声をかけます。しかし、声をかけた人物は未果子に似せることを生きがいみたいにしていたカイトでした。

女装が趣味ながら恋愛対象は女性と複雑なカイトと、見た目がまんま男の子の様で、そのまましぐさも男っぽくなってしまい矯正することが叶わずに成長してしまったヨシキ。

複雑な二人は意気投合するに至り、親密になって行き互いに抱えていた悩みを暴露出来る仲になっていき初めて本音を話せる相手となっていきます。

一方未果子は夜の街で売春によって生計を立てており、男性は未果子にとって侮蔑の対象でしかありませんでした。

男は金を払わせるATM・・・

男を見下す未果子の前にカイトが現れます。美形で自らをリスペクトするカイトに対しても未果子からは醜い男性像を覆す要因にはならず見下していました。その一方でヨシキに関しては男女どちらにも属していない、唯一の汚れない唯一の男の子という印象を持っていました。

そんなヨシキがカイトとどんどん親密になっていく・・・

未果子はこの二人の間に入って邪魔しなければならないと思うようになり、複雑な3人の関係が始まっていきます。

ヒメゴト 十九歳の制服で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ヒメゴト 十九歳の制服を読む


 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

ヒメゴト 〈十九歳の制服〉の最終回の結末は?

それぞれのヒメゴトを抱えたまま共同生活をすることになった3人。

しかし少しづつ関係に変化が生まれてきます。

男の子の化身だったヨシキはいつしかカイトに惹かれ始め、カイトも未果子が気になりながらもヨシキを意識し始めます。

その頃、未果子はカイトを売春の現場に連れて行き、美人局の様なことをしていました。しかし、ヨシキからすれば、実は二人は出来ていたんではないかと映る様になり、3人の絶妙に録れていたバランスが崩れる要因になります。

別れを切り出すヨシキ。

しかし、それがもとで未果子は交際相手の暴行を働いてしまい・・・

未果子がいなくなって二人だけになってしまったヨシキとカイトは・・・

ラストは成人式。

ヨシキは着物を未果子は今までの自分との決別と言う意味で喪服で参加します。

本当のラストがどういう結末を迎え、3人がどういう心境で成人式を迎えたのか。ぜひご自分の目で確かめてみてくださいね^^

ヒメゴト 十九歳の制服で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ヒメゴト 十九歳の制服を読む


 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

ヒメゴト 〈十九歳の制服〉の感想

正直昼ドラの様な泥ドロの愛憎劇になるかと思いきや、最後は結構スッキリ終わっているので個人的にはひと安心^^

十代最後の大人と子供の狭間の時間で苦しんだ3人の主人公達。こういう人って悩みが表に出せないだけで、悩んでいる人って結構いるんだろうなぁ・・・と思ってしまいました。

家庭環境や育ってきた環境は人それぞれ違うわけで、資本主義が進むにつれて平等とは言えない格差社会になって行っている状況。

貧しい環境で育った人、普通だけどなんか満たされない人、いろいろな人が現代社会には存在しているということを改めて思い知らせてくれた作品でした。

前半のちょっと重い感じのストーリーの進み方からは想像できないほどラストを読み終わった後の読後感がいいのもGOOD!

ヒメゴト 十九歳の制服で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ヒメゴト 十九歳の制服を読む


 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

おススメですので、ぜひ読んでみてください^^

以上「ヒメゴト 〈十九歳の制服〉ネタバレと感想!結末はマジかの展開!」の記事でした。最後まで読んでいただいてありがとうございました^^


Sponsord Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です