インフェクション【マガジン漫画】9話ネタバレ、感想!大脱走!


週間少年マガジンにおいて好評連載中のバイオハザード的アクション漫画『インフェクション』!

前回ヒロイン格に躍り出た主人公春輝の妹香里が衝撃の感染が発覚し、隔離病棟に移されてしまいました。

春輝は妹の幸せを願い家に連れ戻すことを計画。

周りの人間を賛同し、ついに計画実行までこぎつけましたが・・・

8話のネタバレは

インフェクション【マガジン】8話のネタバレ、感想紹介!救出作戦!

をご覧ください。

10話が発表になりました。
インフェクション【マガジン】10話ネタバレと感想!最後の時間!

以下ネタバレ注意です。

Sponsord Link




インフェクション【マガジン漫画】9話ネタバレ


計画実行の前日の夜、父親に電話をかける春輝・・・研究者だった父親ですが、まだ研究は思うように進んでいないため、香里が保菌者に噛まれてしまった事を知りますが、感染を知ってもどうすることも出来ないと語ります。

そんな父に春輝は

「香里を少しでも幸せにしてやりたいから、攫って家に連れ帰ることにした。父さんに迷惑をかけるかもしれない・・・」

と話します。父親は、香里を頼むと言い残して電話と切るのでした。

その後綿密に計画を立てる春輝達・・・

隔離施設の映像を見せられて、改めて悲惨さを目にしますが、香里を先に連れ出してくれないかと頼んでみると、

外に人間が決めたからダメだと断られたと話します。

外の人間が気になる春輝。

香里と面会したあと、刃を潰した包丁で人質をとり、春輝が香里を抱えて建物の外へ・・・

追手を協力者に止めてもらい、バリケードを突破するという計画です。

確実に成功しそうな計画ですが、気がかりなのが、消防署の人間が止めに入らないこと。

統卒が取れた動きに圧倒的な身体能力。

これを突破して市街地に行くのは至難の業との報告を受けます。

そしてついに計画始動。

噛まれてから18時間が経過している香里に面会の時間となりました。

香里の顔をみてすぐに悟る面々。

「お兄ちゃん、私頑張ったよ・・・」

「ああ、今すぐ家に帰ろう」

満面の笑みで「うん」

隔離施設を上手く突破した春輝達ですが、やはり消防士に作戦がバレていました。

協力者が必死に止めるも一人だけバリケードを飛び越えて春輝達の前に立ちはだかります。

「神城!」

「今止まれば子供のしたことだと俺達が庇ってやる」

と警告を発してくるも、春輝達は止まりません。

高木が足止めに先行するも蹴り一発で粉砕。

「なんの訓練も受けていないお前らは必ず死ぬ。天宮香里、お前は自分の為に兄貴を殺すのか!」

そんな問いを投げかけてくる神城・・・

そんな問いに香里は

「別れてからずっと怖かった。痛くてさみしくて、でもお兄ちゃんはきっと私を攫いに来てくれる。お家に帰れるんだってそれだけ考えていたから、私を助けたらお兄ちゃんが死んじゃうかもって気付かなかった・・・」

「俺の前では全部本音でわがままで良いんだ。俺と一緒にいたいんだろ」

「うん、お兄ちゃんともっとずっと一緒にいたい」

「兄ちゃんは誰にも負けねぇ」

と神城に突破を図る春輝ですが、神城の強烈なパンチが春輝に炸裂!

気を失いかける春輝ですが、

ギュッと抱きつく香里に・・・

ああああああああああああああああ

と立て直し見事脱出成功します。

その様子を見ていた神城は、薄く笑いながら

「天宮春輝か・・・」

「本当に脱出しちゃったね」

「兄ちゃんに任せればこんなもんだ!」

「あははははっ」

さぁ帰ろう!俺達のお家に!

Sponsord Link



インフェクション【マガジン漫画】9話感想


妹香里の救出に成功した春輝達ですが、香里のリミットがもう残り少ないのは解っています。

家に帰ってどうするのか・・・

そんなことも考えてしまいますが、恋人同士の様な兄妹もいいもんですね(笑)

香里はこのまま死んでしまうのか、気になるところですが、外の命令で隔離施設から出ることが出来ないというところに何やらキナ臭い感じがします。

前回の時、感染しても隔離している場所からでれば、発症しない的なことを医者が言っていたりしました。

香里が助かるにはその情報が頼りなんですが、はたして香里は助かるのか・・・

再び危険な市街地に飛び出した春輝達は大丈夫なのか・・・

次回10話も目が離せませんね^^

10話が発表になりました。
インフェクション【マガジン】10話ネタバレと感想!最後の時間!


以上「インフェクション【マガジン漫画】9話ネタバレ、感想!大脱走!」の記事でした。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする