風夏94話ネタバレと感想!フェス開催の意味とは?



週間少年マガジンで好評連載中の漫画『風夏』!

前回までは、レコーディングを行っていた優達フォールンムーンのメンバー達・・・

そのレコーディングの打ち上げで社長である天谷の本音を知ることにになり、優達は「ヘッジホッグズ」を超えることを誓います。

最新94話では、どうなるのか・・・

早速ネタバレや感想をご紹介していきたいと思います。

Sponsord Link




風夏94話ネタバレ


ついに始まるヘッジホッグス主催のフェス!

その前日の前夜祭に優たちは参加しています。

最初の挨拶でヘッジホッグスのたまは、

どいつもこいつもみんなぶっ潰すつもりなんで明日から3日間よろしく!

と挨拶。

あくまで緊張感があるのは、その挨拶の時のみで、あとは終始なごやかな雰囲気が流れます。

会場に来ていたラビッツのボーカル小雪と風夏は早速優と合流。

周囲はラビッツのボーカルの正体が公表されていないことで小雪が会場に現れたことに騒然とし始めます。

気が気じゃない沙羅は離れるように言いますが、

小雪は噂になっていいと余計に優にくっつくことに・・・

こういう場に慣れていない優は早くも帰りたいモードになりますが、そこに拍車とかけて、

「Can You Talk Now?」と声をかけられます。

マフィア?

何したんだお前を焦る周囲ですが、

声をかけてきたのはシェリーホーネット!

「あら、あの子は?私に怖気づいて逃げたのかしら?」と第一声。

「ちょっとどういう事優君!!シェリーホーネットとも知り合いなの?」と風夏も興奮気味!

さらにざわつき始める周囲に優も焦る焦る(笑)

「ま、いいわ。それよりちょっと付き合いなさい優」

「え、どこに?」

「たまに挨拶したいの」

「そんなの一人で行きなよ。子供じゃないんだから」

「いいじゃないついてきてくれたって!!一緒のコンヨクした仲でしょ」

さらに周囲騒然

小雪「ねぇニコ君、コンヨクってなに?」

沙羅「またライブ前にスキャンダルですか?」

風夏「あんたバイト中にそんなことしてたんだぁ」

・・・!!

「コンニャクって言ったんだよ!!一緒におでんをね。寒いし」

「いいから早く行くわよ優」

そこに

「なんだか騒がしいなぁさっきから」

たまが現れます。

関連記事

たまとシェリーの関係は



「あ、あの私の事覚えて・・・」

「よぉ、待ってたよシェリー」

「うん、約束したから。いつか同じステージに立つって・・・」

きっとすごく苦労したんだろうなぁ・・・たまとの約束を果たす為に・・・

優しい目で見つめる優に、

「ジロジロ見てんじゃないわよ!!」とワイングラスを投げつけるシェリー。



そんな光景を見ていたルパードのメンバーは、

「あいつの交友関係凄すぎだろ・・・」とつぶやきますが、ボーカルの悠河は、

「どーでもいいよあんな奴」

ワイングラスを投げつけられて倒れる優は、

望月一檎の前に・・・

「ウィーッス、少しは歌上手くなった?」

「さぁ、どうかな?」

「今回のフェスさぁ、ステージが3つあるじゃん。

アタシらThe fallen moonとほぼ同じ時間で隣のステージでライブすんの」

「あぁ、そうみたいだね」

「だからアンタら本気でやんないとさ、お客さん全部いなくなっちゃうよ」

・・・!!宣戦布告を受けた優は・・・

「さぁ、どうかな?僕たちだって負ける気はないから」

「へぇ言うようになったじゃん」

その後それぞれ前夜祭を楽しむ出演者。

そんな光景を眺めていたたまとニコは、

「やれやれ、緊張感のないやつらだな」

「いいさ、お祭りなんだから・・・フェスが始まればいずれ思い知ることになるよ。自分たちがここに集められた本当の意味がね」

Sponsord Link



感想


ついにフェスが開幕までたどり着きましたね。

優たちは事務所に所属しているとは言っても、インディーズのバンド。メジャーバンドを前にどんなパフォーマンスを繰り広げるのか楽しみですが、

ラストにたまが言った言葉の意味も気になりますね。

瀬尾先生のこういう演出って正直対して重大なことじゃないことも多いですが、たまの真意ってなんなんでしょうか?

そもそもたまがバンドからしばらく姿を消した理由もまだ明かされていないですし・・・

まだニコとたまの周りには謎な空気が漂っていますね。

優達はこのフェスを成功させることができるのか・・・

次回も楽しみです!

以上「風夏94話ネタバレと感想!フェス開催の意味とは?」の記事でした。最後まで読んでいただいてありがとうござました。

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする