火ノ丸相撲83話ネタバレと感想!元横綱駿海の指導とは?



週間少年ジャンプにて人気連載中の相撲漫画「火ノ丸相撲」。

主人公潮火ノ丸の相撲への情熱、不利な体格にも関わらずそれでもあきらめない姿勢というのは読んでいて熱くなるものがありますよね。

今回は、そんな火ノ丸相撲最新83話が発表されましたので、ネタバレや感想をお届けします。

前回までのネタバレは

火ノ丸相撲82話のネタバレと感想!角界の伝説現る!

をご覧ください

ではいってみましょう!

Sponsord Link




火ノ丸相撲83話ネタバレ!


謎の老人はなんと元横綱・・・

元最強から百千夜叉墜を本物の必殺にしてくれるという・・・

そんな提案を何が何でも強くなりたい火ノ丸は受け入れ、名古屋滞在の一週間、その老人のト所に泊まり込みすることに・・・

その際、

「俺の言う事は信じて黙って従え!いちいち理由を訪ねるのは禁止だ!考えるのも稽古の内、俺の言うことすべてが稽古と心得よいいな」

その老人の正体は元横綱駿海。現役時代の実力は横綱として素晴らしいものだった上に、なんと指導者としても横綱を二人も育てた名将。

しかし、最近は弟子にも逃げられ、協会からも離脱して相撲から遠ざかっていたというのですが・・・・

早速始まる稽古。

まずは100円で30分以内にカレーを作ること。

散々時間がかかったにも関わらず、消し炭みたいなカレーになってしまいました。

いざ実食になった際、駿海は火ノ丸に左手だけで食べるように指示します。

文句を言いながらも食事を終え、その後は犬の散歩、花の水やりに洗濯。そして次は道場の掃除・・・

雑用ばかりやらされます。

やっと相撲の稽古となり、前頭5枚目の力士が呼ばれます。

火ノ丸に与えられた課題は、三点投げのみで勝つこと。

一度見た技は力士には通用しない。それでも火ノ丸には三点投げだけで勝つことを求めました。

しかし、結果は全く勝てず・・・15分で稽古終了となってしまいます。

監督が荷物を火ノ丸の元に持ってきた際、元横綱の指導はどうか?と聞いてきます。

しかし、稽古という稽古は15分しかしておらず、あとは雑用ばかり・・・監督は横綱が百千夜叉墜を必殺にするという指導に興味があるようですが・・・

そんな監督を別れ、荷物を運ぶ際に、先ほど火ノ丸と稽古をつけた力士の会話が聞こえてきます。

「あの子もかわいそうに・・・意味のない雑用やらされてさ」

付き人「やっぱり意味ないんですか?」

「ははは、ないよあんなの!!無茶ぶりして困ってる様をみて楽しんでいるだけ!

昔からそうなんだってよ・・・あの人は

弟子も玩具か小間使いくらいにしか思ってないのさ、なのにあの子も必至になっちゃってさ・・・

あの子もあの子だよ。普通気づきそうなものなのにさ。それになんだよあの技は曲芸じゃあるまいし!必死も度を超えると笑っちゃうよ」

その会話を駿海が来ていました。

花瓶の水をぶちまける駿海。

「すみません。駿海さんを悪く言うつもりは」

「俺のことは良いんだよ。弟子に去られたのも事実だ。笑いたきゃ笑え

でもな、あの小僧を笑うのはゆるさねぇ

あいつの何が可笑しいのか言ってみろ!!え!?必死な奴を笑うんじゃねぇよ!」

と激怒。

平幕風情の常識で語るんじゃねーよ。と一刀両断します。

実は火ノ丸のことを気にかけていた駿海。

重い荷物を右腕に抱えていた火ノ丸を見て右肘の怪我に障るだろうが!と怒ります。

監督は帰り道で、柴木山の話を思い出していました。

確かにあの人にやり方は今の子たちには横柄で不親切に映るかもしれない。でも手とり足とりとは逆、むしろ自分で見つけさせる。それを目指したスパルタだ!必死でないものは振り落とされる。

心配するな・・・あの人は確かに横綱を育てた。そして才能のない僕を関脇にまでしてくれた。

Sponsord Link



感想


今回も熱い話でしたね。手取り足とりが当たり前みたいに思っている現代っ子には確かに駿海の指導法は不向きかもしれません。

ですが、手取り足とりでは、考える力が身につかないのも事実。

嫌われてでも自分の指導と弟子を事を思い続けた駿海。

こういう「親父」的な指導者。最近では本当に聞きませんね。

こういう指導者こそ日本にもっと増えてほしいなんて思いますが、現代っ子にはやはり不向きなんでしょうか?

残念ですね。

こういう漫画を読んで、そういう情熱みたいなものを感じ取ってほしいなと思います。

火ノ丸相撲。次回は稽古も本格化してくると思います。百千夜叉墜がどんな技に進化するのか!楽しみですね。

以上「火ノ丸相撲83話ネタバレと感想!元横綱駿海の指導とは?」の記事でした。最後まで読んでいただいてりがとうございました。

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする