エリアの騎士443話ネタバレと感想!激戦の姫路戦!


週刊少年マガジンで好評連載中のサッカー漫画『エリアの騎士』

前回主人公翔のホイップキックがゴールキーパーの遠野に阻止されてしまい、この姫路戦は相当キツイ戦いになると思わせるものでした。

前回442話のネタバレについては、

エリアの騎士442話ネタバレ、感想紹介!鉄壁の遠野!

をご覧ください!

最新443話が発表されましたので、早速ネタバレや感想などをお届けしたいと思います。

Sponsord Link




エリアの騎士443話ネタバレ

遠野の底知れぬパフォーマンスを目にして、湘南インパルスのアタッカー四季もそのポテンシャルに驚愕します。

姫路ボールで試合は仕切り直しになりますが、

またもや姫路特有のパスワークが展開されていきます。

姫路は湘南のキーマン四季にマンマークを付けながらも逆サイドをうまく使って湘南のゴールに迫っていきます。

湘南はポゼッションを高めて攻撃してくる姫路に対し、きちんと守備陣形を整えますが、弱点なのが、ゴールキーパー・・・

姫路は、湘南のゴールキーパーがあまり優秀ではないことを理解しており、シュートにさえ持ち込めればチャンスはあると思っている様子。

しかし、湘南もその展開は読んでおり、公太の機転でオフサイドをゲット!

湘南の早いリスタートから反撃となります!

右サイドの幕張から中央を走る翔にパス。

翔はボールを持つと左サイドに斜めの動きで持ち込み、四季が中央へ動き出しを見せます。

翔と四季、二人が交差するように走り抜け、ボールは翔から四季にスイッチ!

上手いコンビプレーでディフェンダーを振り切った湘南インパルス。

またもやボールを持つ四季は、ゴールキーパー遠野と一対一の局面を作ることに成功しました。

またもや訪れる、ゴールキーパー対ホイップキック!

どちらに軍配が!

って感じで443話は終了しています。

次回444話はでは、四季対遠野の一対一の対決。制するのは?楽しみですね^^

Sponsord Link



エリアの騎士443話感想


今週も拮抗した姫路対湘南インパルスという試合展開となっていました。

姫路にはファンタジスタがいない分、攻撃は実直でまっすぐなスタイルで戦います。

その攻撃スタイルはベテランの生島から見れば読みやすいスタイルということで、強敵ながらも戦いやすいという消耗戦な様相を呈しています。

方や湘南インパルスに攻撃は、ゴールキーパーと一対一mの局面を何回も作るも、鉄壁の守護神遠野に阻まれ、まだノーゴール。

この試合は、野球で言えば投手戦みたいなもので、完全にどちらが早く先取点を取るかという展開になってきそうですね。

拮抗したまま、前半終了。勝負は後半に、最初に一点取った方が・・・

手に汗握る展開はもう必至!

今後の展開が楽しみですよね^^

444話が発表されました。
エリアの騎士444話ネタバレ、感想!姫路の反撃開始
以上『エリアの騎士443話ネタバレと感想!激戦の姫路戦!』の記事でした!最後まで読んでいただいてありがとうございました!

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする