ドメスティックな彼女86話のネタバレと感想!ルイの進路と決意!


週刊少年マガジンで好評連載中の恋愛漫画「ドメスティックな彼女」!

前85話では主人公夏生がルイと気持ちを通わせ、ルイが夕飯のレシピを考えている最中になんと実父に遭遇するというところで終了しました。

ドメスティックな彼女の85話のくわしいネタバレについてはこちらをご覧ください!

ドメスティックな彼女85話ネタバレと感想!ルイの実父現る!

最新86話は発表になりましたので、早速ネタバレしていこうと思います!

Sponsord Link





ドメスティックな彼女86話のネタバレ


「父さん」

いきなり後ろから抱きしめられて投げ飛ばしてしまったルイですが、なんの前触れもなく父と遭遇するという偶然にリアクションが取れません。



「今まで連絡もよこさないで・・・」

半泣きで父を窘めるルイ・・・



久しぶりに会った父とカフェでお茶をすることにした二人・・・

店に来ている外国人にすら手を振って愛想振りまく父に、

「相変わらずなんだね・・・今の奥さんと上手くいってんの?」

「いってるいってる!俺の博愛主義を認めてくれってっから!」

「諦めてるでしょ・・・てゆーかなんでこの辺にいるの?今仕事は?」

「なんではこっちだよ!こんなところでルイと会うなんて」

「あたしはお母さんが再婚して新居がこの近くなの」

「都樹子再婚したのか!」

「うん、藤井さんっていう父さんと違って真面目そうな人とね」

「そっか、そりゃあよかった」

「で、そっちは?」

「あ、ああ。実は今やってる店が調子よくて隣町に二号店開くことになったんだ。それの準備」

「自分の店もったの?」

「ああ」

「同じイタリアンで?」

「そう」

「今度は大丈夫そうなんだ」

「今のところな」



とお互いの近況を報告しあったところで、ルイの進路の話になります。

「もう進路は決めてるのか?」

「まだ全然」



心なしかルイの表情が暗くなるのに気づく父・・・

まだやりたいことも見つからないと悩むルイを見て、

「今度店に遊びに来ないか?」

と誘います。

Sponsord Link



その夜、自らの進路と夢を実現させて自らの夢をかなえた父について思い悩むルイ・・・

ビーフシチューを作りますが、

食べた夏生は・・・

( ̄□||||!!

なリアクション。

ルーとチョコレートを間違えてしまっていたのでした・・・



様子がおかしいルイを気にする夏生。

「何かあったのか?」

「ううん、べつに・・・」



数日後・・・

早速父の店に訪れるルイ。

「よく来たな・・・さ、入って入って」

まだオープン前で散らかっている店内・・・駅前じゃなく、こじんまりした閑静な立地に佇んでいるお店です。



「何食いたい」

「ペスカトーレ」

「ルイ好きだったもんな」



店の内装も、味も日本人を意識した感じに変わったと感じるルイ。

そんなルイに父は自分の話をし始めます。



「若いころは本場で修行してきたって自身もあって料理もコース以外は基本受けなかったし「どうだ!」って気持ちも強かった。

でもその店がつぶれて離婚して・・・行き詰ったときに思い出したのは・・・お前たちの顔だった。

陽菜やルイがパスタをうまく食べれなくて口の周りをべたべたにしながら

お父さんおいしー

って・・・

思い返せばあの頃が一番うれしかったなって・・・

だから今度は、お客さんに心から喜んでくれる店にしたいと思ってさ・・・」



そんな父の話を聞いて思い出すのは、夏生や友人たちが自分の料理を食べておいしいとうれしそうに言ってくれる顔でした・・・

ルイの中で何かが繋がります。



「ねぇ、父さんあたし・・・」



続きは2ページ目で

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする