もう一度ママと呼んでのネタバレと結末、あらすじと感想について


もう一度ママと呼んで
という作品を読みました。

正確には「もう一度ママと呼んで~通り魔に殺害された我が子~」という作品です。

これも今話題の実話を元に制作された漫画ということで、実際にあったお話です。

早速ネタバレや結末、あらすじや感想についてお届けしていこうと思います。

以下ネタバレが含まれますので、その前に無料の試し読みをおススメいたします。

「もう一度ママと呼んで~通り魔に殺害された我が子~」で検索
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

もう一度ママと呼んで~通り魔に殺害された我が子~を読む


 

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

では早速いってみましょう!

もう一度ママと呼んで~通り魔に殺害された我が子~のあらすじ

ある7月の都内某所

「じゃーな亮太!また明日な」

「バイバーイ」

 

そこに・・・

 

「おい、お前・・・お前でいーや」

ドン

ポタッ

「あ、あ、いた・・・」

痛いよ・・・いたいよママぁ

たすけて、マ

ビジャァ

ひ、人殺しぃぃぃぃ

 

プルルルルルル

「はい、高橋でございます。ーーーーはい、私ですけど。は?警察?亮太はまだ・・・え?」

 

さきほど路上で通り魔に・・・すぐに救急隊員が向かったのですが残念ながら・・・

「亮太が・・・」

 

イヤァァァぁ

「奥さん落ち着いて」

「嘘つき!亮太が殺されたなんて!嘘つきぃ」

「お気持ちは・・・」

警察において亮太の身柄確認にくる高橋夫妻。

錯乱する妻に亮太父は・・・

バカ!

「あなっ」

「いい加減にしろ!お前それでも母親か!しっかりしろ仁美!!あそこにいるのは亮太だろ」

やめて嘘よ

「嘘じゃない・・・亮太なんだよ・・・」

気が段々遠くなっていく仁美・・・

ねぇ亮太は帰ってくるわ

だからゼリーを冷やさなきゃ・・・あの子が食べられないわ・・・

亮太の葬儀

逆縁・・・子が親より先に死ぬことは親不孝。だからその子の葬儀は親が出してはいけない・・・・焼き場に付き添っていくことも、骨を拾ってやることもできない。ただ見送るだけ・・・

 

「亮太・・・」

ママ・・・

出棺されていく棺から声が聞こえたような気がする仁美・・・

亮太!

「まって!行かないで亮太ぁ」

錯乱する仁美に

「亮太がそれで戻ってくるならそう思うなら、追うなり止めるなりすればいい・・・俺はここで見送る」

と無表情で語り掛ける夫。

その背中は、怒っている・・・責めている・・・私を?あの時からずっと・・・

それでも母親か!

警察で言われたあの言葉・・・

なじりたければ大声でなじって!

ぶったって

蹴ったって

構わない!

どうして何も言わないの?

夫は自分の憎悪に閉じこもって仁美と向き合おうとはしません。

あの子を亡くした痛みも悲しみも決して分かち合ってくれない・・・

「もう一度ママと呼んで~通り魔に殺害された我が子~」で検索
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

もう一度ママと呼んで~通り魔に殺害された我が子~を読む


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

何かが崩れていく仁美と自らの殻に閉じこもる夫礼一・・・結果は・・・

続きや結末は2ページ目で!


Sponsord Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です