魔法科高校の劣等生SS(短編集)のネタバレと発売日は?


大人気ライトノベル作品である魔法科高校の劣等生!

2016年3月現在、既刊19巻まで発売されています。

19巻では師族会議を狙った顧傑を追って、達也や一条、十文字に真由美、果ては九重八雲まで捜索に参加して決死の捜索をする巻となりました。

くわしくはこちら

宿敵顧傑に達也は?

魔法科高校の劣等生19巻のネタバレと結末、感想まとめ!

でご覧ください。

次の魔法科高校の劣等生はなんと短編集になるそうです。

さっそくネタバレと発売日について探っていきたいと思います。

Sponsord Link





魔法科高校の劣等生SS(短編集)のネタバレは?


この20冊目の魔法科高校の劣等生は短編集となると上記でお伝えしましたが、

舞台は九校戦となるようです。

だから13.5巻ともいわれてるんですね。

達也が大活躍した1年時の九校戦ではなく、問題となったスティープルチュース編の九校戦です。

詳しい情報を探っていくと、

モノリスコードに出場した吉田幹比古の家のしがらみや心のしこりと戦いながら活躍するエピソード(竜神の虜)や、

新種目ロアーアンドガンナーに出場するエイミィーが凸凹コンビを組んで挑むエピソード(ショットガン!)、

アイス・ピラーズ・ブレイクに出場する雫と花音のエゴがバリバリ前に出てくるエピソード(一人でできるのに)や、達也との関係、四葉との関係を伏せて、それでも活躍して来いと試練を与えられた黒羽の美しき姉弟が活躍する(目立とうミッション)、そして九校戦に出場しないレオとエリカの関係を描いた(薔薇の誘惑)が収録されるようです。

 

達也や美雪が出ないということはなさそうですが、主人公として活躍するエピソードはなさそう・・・短編と言えどもちょっと残念ですね。

19巻の巻末に一条将輝の日記というような日常を描いた作品が収録されていましたが、こういう作品をまとめたような巻になるようです。

 

一条将輝の日記も「続きはまた別の機会に」となっていましたが、次巻の短編集に続きを収録していただけると嬉しいんですが・・・その辺りはスケジュール的に厳しいんでしょうか?

本編だった13巻では、九校戦はそっちのけで達也が戦っていたパラサイトドールのエピソードがメインになってしまっていましたから、作者の佐島先生も九校戦のエピソードをもっと掘り下げて発表したかったのかもしれませんね。

達也もエンジニアとして参加していたはずですし、ちょっとは達也の活躍も描かれていると嬉しいんですけど・・・

[ad#ad-1]

発売日は?


では、魔法科高校の劣等生20巻(13.5、サイドB)の発売日についてですが、2016年夏となっています。

今までの傾向を考えてみると・・・

19巻が2016年3月

18巻が2015年11月

17巻が2015年の8月

16巻が2015年の5月

15巻が2015年の1月となっています。

3か月空いたり、4か月空いたりとリリース期間はまちまちなんですが、大体3~4か月のペースで刊行されています。

ということは、魔法科高校の劣等生20巻(13.5、サイドB)の発売日は遅くても4か月後、

2016年の7月になると思われますね。

7月・・・ちょうど夏ですし、早くても6月も夏と言って問題ない時期・・・

やはりこの辺りの時期だと思って問題ないんではないかと・・・

と思ってきちんと調べてみると、もう2016年5月10日に発売が決定しているようです。

夏まで待たずとも読めることになりそうですね^^

こんな短期間(実質2か月)で発売して大丈夫かな佐島せんせい・・・

 

お体は気をつけてくださいね。

以上「魔法科高校の劣等生SS(短編集)のネタバレと発売日は?」の記事でした。最後まで読んでいただいてありがとうございました。


Sponsord Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です