インフェクション 15話のネタバレと感想!打ち切りの噂も・・・


週刊少年マガジンで連載中の漫画「インフェクション」!

主人公春輝が消防隊に入隊してついに初任務に就いた前回!死に直面した圧倒的な緊迫感。その中で仲間から信頼されているという意味を知った春輝は・・・



前回14話のネタバレはこちら

インフェクション14話ネタバレ(あらすじ)と感想!らぎ姉がかわいい

をご覧ください!

では、早速インフェクション 15話のネタバレ行ってみましょう!

Sponsord Link


インフェクション 15話のネタバレ



火事が元で日から逃れるように保菌者が大学に押し入り、大学のバリケードが崩壊。

その大学に救助者を救うために春輝達消防隊が大学に到着しましたが・・・



逸る気持ちを抑えられない春輝。

隊長たちの作戦の説明に



「そんなことより早く救助に行った方が・・・」と焦りも生まれますが、

神城は

「命令通りに動けば最も多く人が救える」と窘めます。



平岡大学は重要な拠点。まずは敷地内の情報収集が最優先だと各小隊に命令が下ります。



ついに始まる平岡大学制圧作戦。

「進めーーーーー!」



しかし、その行く手にはものすごい数の保菌者。



くちゃくちゃくちゃくちゃ

大学のいたるところで保菌者の肉を食らう嫌な音が響きます。

その異様な光景・・・



保菌者と言えども人が人を喰らう凄まじい光景に春輝は吐き気が抑えられません。

しかし、神城たち歴戦の勇士たちは平気な様子。



平然と放水し保菌者を隔離していきます。



これが消防隊・・・前線に立ち続けてきた証か・・・

春輝も気を持ち直し前に進みます。



そんな様子を見た春輝と同じ小隊隊員の網走が

「だから言ったでしょう・・・天宮は正門に戻らせましょう。精神と肉体を鍛え続けてきた俺たちと違って、奴には無理です」

しかし、小隊長の淀川は

「それはどうかな・・・?」



複雑な顔をする網走・・・



ついに建物の前まできた淀川小隊。

圧倒的な身体能力でいとも簡単に入口の保菌者を制圧すると封鎖を完了。



今後のことを考えここからが慎重に進んでいこうと隊長から指示がありますが、その時

隣のG棟で騒ぎが・・・

Sponsord Link



見ると人が2階から飛び降りようとしています。



「下は保菌者だらけだぞ!」

他の隊員が無茶を叫びますが、同じ状況を経験している春輝は

「いえ、飛び降りるしかないんです」とすでに保菌者であふれているであろうG棟2階からの脱出には飛び降りるしかないと主張します。



飛び降りる要救助者。何とか階下の保菌者を振り切って消防隊に合流すると

「まだ居るのか?」

「居るよ。助けてやってくれ」

その時

「淀川さん2階の窓に」

見ると子連れの男性が飛び降りようとしています。

「子連れじゃ無理だ!助けに行きましょう」

しかし、

「作戦に変更はない。このまま慎重に西出入り口に向かう」と非常な指示が・・・

続きは2ページ目に

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする