ドメスティックな彼女 91話のネタバレと感想!下着の落とし物!


週刊少年マガジンで好評連載中の漫画「ドメスティックな彼女」!

前回はでルイが父親の店で働くことをかけて母親に料理勝負(といってもルイが本気度が伝わる料理を母親に提供する⇒母親が納得するかどうか)を挑むことに・・・

その結末は?

詳しくは

ドメスティックな彼女 90話のネタバレと感想!父の離婚の原因とは?
をどうぞ!

では早速ドメスティックな彼女91話のネタバレ行ってみましょう!

Sponsord Link





ドメスティックな彼女 91話のネタバレ


いつものように部室に向かう文学部の男子の面々。

歴史小説について語る夏生とバルス・・・

その後ろを追随していく桜坂とアレックス・・・



しかし、部室に着いて男性陣が目にしたのは・・・

ブラジャー・・・

なぜ?

「うわああああ」

「なんじゃこりゃああああ」

取り乱す文学部男性陣。

「何何何、何なのこれ!」

「何ってみりゃ解るでしょ、ブブブ、ブラジャーですよ」

「お前ら大声出すな、とにかくドア閉めろ」

と慌ててドアを閉め、人心地・・・

そっとそのブラを手にしてみるバルス。その独特の持ち方に「なんだその持ち方」と夏生が尋ねると

だって女子のアレが直接当たってたものですよ」と顔を真っ赤にして答えます。

そのバルスの態度に

「もしかしてバルスってチェリー?」と聞くアレックス!

な、な、な、

と最初うろたえたバルスも、開き直って

「そうですが・・・何か問題でも?大体この中にそうじゃない人っているんですか?」

白を切る男性2人。そっと手を挙げる夏生・・・

Sponsord Link



いきなり夏生以外が夏生の敵に回り

「へぇそうですか・・・しかし、この中では我らが与党。今後経験を笠に着た偉そうな発言は控えていただきたい」と挑戦的(バルスが)



そんなミニコントも挟みつつ、実際の問題、ブラジャーをどうするかは未だに解決を見せぬままです。

先生に届けるのがフツーという意見で体勢が決していたころ、徐にバルスが口を開きます。

「この下着は不特定多数が行きかう廊下や教室ではなく、この部室内に落ちていたものです。ここの立ち寄るのは精々桐谷先生と文芸部の部員くらい。だとすれば職員室に届けてことを大きくするよりは、誰のものなのか特定してそっと返すのが紳士というものでは?」

真面目な顔で言い放つバルスに文芸部の男性陣は

なるほど!



ということはルイ、モモ、葦原さん、樺沢さんの誰かのものになると夏生。

果たして誰のものなのか・・・続きは2ページめで

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする