ドメスティックな彼女 95話ネタバレと感想!ルイとアルが付き合う?


週刊少年マガジンで好評連載中の漫画「ドメスティックな彼女」!

前回はなんと陽菜のいる島に桐谷先生の小説が原作で撮影されている映画のロケの見学に来た夏生達。

しかし、夏生はその島にかつての恋人陽菜がいることをしってしまいました。

陽菜のいる場所を突き止め、会いに行こうとする夏生・・・それを止めようとするルイ・・・

そんなルイを振り切って陽菜に会いに行った夏生は・・・

詳しくは

ドメスティックな彼女 94話ネタバレと感想!陽菜と夏生の再会!

をご覧ください。

では早速ドメスティックな彼女95話のネタバレ行ってみましょう!

Sponsord Link





ドメスティックな彼女95話のネタバレ


陽菜「なんで・・・」といきなり会いにきた夏生を拒絶しようとドアを閉めようとする陽菜。

夏生もなんとか話しようとドアの間に手を差し入れ・・・

痛い!!!!

強烈に指をドアに挟んでしまいます。

慌てる陽菜・・・

結局夏生を部屋に入れ、手当をすることに・・・

陽菜「なんでここに来たの?」

夏生「なんでって・・・また会えたのにうれしくないの?」

・・・・

夏生「この島に来たのは偶然なんだ・・・」と桐谷先生の作品の撮影の見学に来ていること、偶然陽菜を見かけたこと、高校の生徒に居場所を聞いたことなどを話します。

しかし、陽菜のリアクションは・・・

陽菜「じゃあ、はやく戻らないとみんな心配するよ。もう暗くなってきたし、タクシー呼んであげる。多分すぐくると思うけど、運転手さんが解りやすいように出ていった方がいいと思う」

となんか他人行儀・・・

Sponsord Link



夏生はそんな陽菜をみて気持ちが抑えられなくなって・・・

陽菜!

抱きしめます。

夏生「居なくなってから本当に・・・本当に会いたかった・・・会って話せたら・・・顔が見れたら・・・一日だけでもって」

と陽菜に思いの丈を打ち明け、

熱いキスを交わします。

濃厚に大人のキスを・・・

そして唇を話した時、見つめ合う二人。



陽菜「私も・・・本当はずっと会いたかった・・・



っていうと思った?」

え?

陽菜「離れて冷静になって考えた時痛感したんだよね。馬鹿なことしたなって・・・思えば夏生くんのこと、気になりだした頃って柊さんと上手くいってない時だったし、優しい言葉をかけられて血迷っちゃったのかなって」

夏生「そんな!!だって・・・・だって陽菜結婚しようって言った時喜んでくれたじゃんか!」

陽菜「その時はその時だよ」

夏生「小説の夢だって応援してくれた!俺は・・・早く陽菜を迎えに行けるような作家になりたいんだと思って必死で作品を書いてた。大きい賞ももらえたし今月の「文藝夏冬」にも読み切り作品を載せられるくらいになったんだ!それも陽菜にはもう無意味なことなの・・・・?」

陽菜「良かったじゃない!その調子で頑張ったら?そうなると益々私たち別れてよかったよね・・・私たちの噂がもし広まったら今時週刊誌がほっとかないよ・・・「文藝賞受賞の高校生!教師と禁断愛」そうなったら私の異動どころじゃない・・・解るでしょ?」

夏生「じゃあ、陽菜はもう・・・」

陽菜「うん、よりを戻す気ないから」と笑顔で答えます。



落ち込んだ顔帰る夏生。

陽菜は陽菜で・・・

奥の部屋から自分で購入していた「文藝夏冬」を抱きしめて

陽菜「ふふっ・・・これでいい・・・これでいいの」

泣きながら自分に言い聞かせます。

続きは2ページ目で

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする