風夏 108話ネタバレと感想!碧井の父親登場!



週刊少年マガジンで好評連載中の漫画「風夏」

前回は居なくなった碧井を探して碧井の実家があるという伊豆にやってきた優。

そこでかつて碧井とバンドを組んでいたメンバーに出会います。

碧井は詳しく優たちと自分の関係を話していなかったので事情を話す優。

その話を聞いて、碧井の元メンバーは「黙って帰ってくれないか」と優に言います。

しかし、どうしても碧井と話がしたかった優は・・・

詳しくは

風夏 107話ネタバレと感想!碧井のバンド仲間と再会!

をどうぞ

では早速風夏108話のネタバレ行ってみましょう

Sponsord Link





風夏108話ネタバレ


碧井の実家の前で佇む優。すると中から謎のおじさんが現れます。

「ん?誰だ?お前」

優「え、あの、僕・・・風夏さんのトモダチで・・ええと同じ事務所の榛名優といいます」

おじさん「ああ、東京の!娘が色々世話になったみたいだな」

優「それでちょっと風夏さんに話が・・・」

碧井父「ああ、今ちょっと出かけてるんだ。その内帰ってくるから上がって待ってな」



と家に上がらせてもらう優。

Sponsord Link



この人が碧井のお父さん・・・そして秋月風夏を・・・

優にお茶を出し、たばこを吸おうとする碧井父。

どうしても良い感情で碧井父を見ることが出来ない優は

「あのタバコやめてもらっていいですか・・・苦手なんで」

「なんだよ・・・最近のバンドマンはタバコも吸わないのか?ま、風夏にもよく怒られるんだがな・・・身体に悪いからやめろって・・・ははは」

優「こんなに朝早くにスミマセンでした。もしかしてお仕事でしたか?」

碧井父「ん?まぁ20~30分くらいなら大丈夫だ。全く持って情けない話だよな。40超えたオヤジがアルバイトだとよ」

・・・

碧井父「ところでなんだ?お前はアレか?風夏の」

優「ハイ?」

碧井父「カレシか?」

は?

優「違いますよ。友達です。ただの」

碧井父「なんだ・・・東京から追っかけてくるくらいだからてっきりそうかと・・・・アイツも母親を早くに亡くしてなー。男手一つで育ててきたもんだからすっかり男勝りになっちまって。

やっとカレシが出来たってコイツの報告できると思ったんだが・・・この分じゃまだまだ先になりそうだな」と仏壇の碧井母を見やる父。



優「ご病気か何かだったんですか?」

碧井父「ああ、元々身体が弱くてなぁ・・・・風夏が4歳の時に心臓の病気で・・・・だからアイツには苦労させないように必死で働いたんだが・・・ホントにダメな父親だよ俺は・・・・去年ちょっと色々あってな。オレのせいで風夏がウチに引きこもっちまったんだ」

ピク

優「色々?」

碧井父「風夏から何か聞いてるか?優君」

色々ってなんだよ・・・

感情的になって碧井父を睨み付けてしまう優・・・

色々って・・・・



感情が爆発しそうになった時、

碧井さんに会ったら伝えておいて、貴方もお父さんも・・・何も悪くないって・・・という涼風の言葉を思い出します。



こぶしを握りなんとかこらえる優。

優「いえ、何も」



続きは2ページ目で

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする