インフェクション 24話のネタバレと感想!新種のスペックに驚愕!


週刊少年マガジンで好評連載中の「インフェクション」!

前回は榎並と逃げる途中に、仲間だった青木が暴走・・・しかし、とんでもない新種の保菌者が現れて・・・

詳しくは

インフェクション 23話ネタバレと感想!新種の化け物現る!

をご覧ください!

ではインフェクション24話のネタバレ行ってみましょう!

Sponsord Link





インフェクション24話のネタバレ


ゴキ、バキャ、ジュパ、ジュゾゾゾゾ、、パキ、ポキ、

不気味な音を立てながら青木を喰らう新種の保菌者。



この新種が青木を食すのに夢中になっている間に逃げたい晴輝は、

「保菌者ははしごを登る知能がない!もう一度はしごでアーケードの上に逃げます。」

と半沢に言い、

車のエアバックで気を失っている榎並を起こそうとします。



半分覚醒した榎並は晴輝を見て

「菊池君?来てくれたんだ・・・」

その眼には涙も溜まっていて・・・

「もう許してくれないと思った・・・良かった菊池くん・・・ずっと会いたかったよ」と笑顔でいう榎並。

しかし、状況はゆっくりさせてくれません。

青木を食べ終わった新種が晴輝たちに向かって突進してきています。



「榎並さん、逃げるんです!立てますか!」

「え、あ・・・」とやっと覚醒する榎並



晴輝は半沢を先にはしごを登らせ「先に上ってはしごを降ろしてください!」



必死な晴輝に榎並は

「天宮くん、今までごめんなさい。」と頭を下げます。

「両親に会いたくて・・・人として許されないことまでしてしまいました・・・でも・・・あなたにだけは嫌われたくないの・・・だって・・・貴方は菊池君が一番大事にしていた後輩だから・・・全部済んだら天宮くんが許してくれるように私・・・変わるから・・・」



晴輝「今更信じられるわけない」

榎並「そうだよね・・・ごめん・・・」

半沢「はしご降ろしたよ」



晴輝「それに、もし変わるなら俺の為じゃなく、菊池先輩に胸を張れる人になってください。それが俺から菊池先輩への恩返しにもなると思いますから・・・」



榎並「うん、私頑張るね」と笑顔で答える榎並。

Sponsord Link





榎並先輩が元からこうだったのか・・・保菌者騒動で混乱して変わってしまったのかはわからない・・・でも・・・

「消防士さん下!」

考えごとをしながらはしごを登る晴輝に半沢が上から声をかけてきます。



晴輝が下を見ると・・・

なんと新種がはしごを登ってきています。



「こいつ、はしごを登れるのか!上も安全じゃない!榎並さん急いっ・・・」

榎並はなんと晴輝を蹴り落としてしまいます。



榎並「私も頑張るから・・・あなたも頑張って!」

晴輝「ふ、ふざけんな!クソ女!」



なんとか着地に成功する晴輝ですが、新種が晴輝を標的にしてきます。



晴輝「半沢教授!榎並を家まで連れていけ!俺も合流する!榎並てめぇ!!絶対後で痛い目に遭わせてやるからな!」

笑顔で答える榎並



走り出す晴輝



ぶっちゃけこいつがはしごを登れるなら、俺が降りるのも悪い作戦じゃない!保菌者は足が遅い!俺が囮になって十分離れたら撒けばいい!引き離し過ぎないスピードを気を付ければいいだけだ!

しかし・・・



新種の保菌者も猛烈な速度で走り出し、晴輝を追いかけてきて・・・
続きは2ページ目で

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 獅子の瞳 より:

    安定のクズ感の榎並。
    もう何でもいいから早く退場してほしい。

    …しぶとく生き残るんだろうなこいつは

  2. 獅子の瞳 より:

    らぎ姉ーー!!早くきてくれーーー!!(癒してきな意味で)

    ああ春輝が帰還したらぎ姉と好きなことをしちゃってもいいんだろ本当に!

    • イデ より:

      榎並、最期は人間によって殺されるんじゃないだろうか…
      もう周りには半沢教授しかいないわけだし、孤立無援は必至だけど、

      支援者を作るのメチャクチャ上手いんだよなぁコイツ…

      消防隊に春樹が入隊して1番の弊害はらぎ姉の出番が減ったことですね

  3. 獅子の瞳 より:

    自分は大した美貌がないと言うわりには
    何故かその魅力?が発揮されまくってるよね榎並