少女不十分「西尾維新」が実話だという噂について!結末を詳しく!


西尾維新先生原作の作品「少女不十分」!

この作品、なぜか実話だという噂があるようですね・・・

なぜそんな噂が流れたのか・・・

確かに少女しかも小学生が大学生を脅して誘拐するというありえない設定ながらも

その行動に穴だらけでなんとも憎めない少女に同情心(に似た感覚)すら芽生えてしまった大学生・・・

普通ならありえない展開・・・それを作品にしてしまった西尾維新先生・・

なぜ実話なんではないかという噂になったのか・・・調べてみました。

少女不十分「西尾維新」が実話だという噂について

では、早速この西尾維新先生の作品「少女不十分」が実話ではないかという噂になっている点ですが、

まず考えられるのは、この少女Uの存在があまりに等身大の小学生しすぎているせいではないかなということです。

いやいや、

小刀で大学生脅して、監禁し、食事は給食をダイレクトにビニールに入れてくる小学生のどこが等身大なんだよ・・・

と思われるかもしれません。

ですが、この少女Uの使う道具が小刀だったり、リコーダーだったりって

小学生の頃に良く使った記憶がありませんか?

ゲームボーイ世代の児童なら特にそう思えるんではないでしょうか・・・



小学生の時に、小刀を図工の授業か何かで配られて、それ以降カッターの代わりにすらしていた記憶が私にはあります。



そしてもう一つはその少女Uの行動の幼稚性と言いますか…

Uは行動の隅々にまだまだ甘いと思える行動を示します。

大学生に食事(ビニールダイレクト給食)をランドセルから出すとき、小刀は脇に置いてランドセルを漁ります。



普通に大学生が小刀を奪うという行動をすることは失念している行動・・・



この行動に大学生も唖然というか爪の甘さに茫然とするわけですが、少女に何かしらの感情が芽生え始めていた大学生は、

この少女のツメの甘さを黙認してしまいます。

このツメの甘さというか、やっていることは常軌を逸しているUですが、行動の隅々に小学生らしい<間抜けさ>も垣間見れて、

その描写があまりにリアルっぽくて、もしかして実話を題材にしているんではないか・・・

なんて思っている人も多くいたのではないでしょうか・・・?



気になる方はぜひ読んでみてください

「少女不十分で検索」で検索
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
少女不十分を読む

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
関連記事
少女不十分(漫画)の1巻のネタバレと結末。感想と無料試し読み!

結末が・・・

では、この<少女不十分>という作品、結末はどうなるんでしょうか・・・

少女Uは学校や外では自分の正体を隠して生活していました。

自分の感受性(というかほかの人と明らかに違う精神性?)を隠して生活していたところ、その本性を交通事故に遭遇した大学生に目撃され、もはやこの大学生を世間から隠さないと!ということになって大学生を自分の家に監禁したんですね。

親からも<おかしい>と言われながら育ったU・・・その両親もお互いの首を絞め合う形で心中しており・・・

そんなUの状況が気になった大学生は、Uの為に

世の中、ダメな人、普通じゃない人、色々な人がいるけれどもそれを受け入れて生きている。幸せになっている人もいっぱいいる。Uはこのままでもいいんだ・・・幸せに生きていけるんだ



という話をたくさん聞かせてあげます。

物語は30歳になった大学生(30歳の時はもう大学生じゃないけど)の視点でUと出会った時のことが回顧の様な形で語られています。

最後、30歳で小説家になった大学生(大学生じゃないけど)は、この度担当が変わるという話を出版社から受けます。

新担当は若い女性であるとの事・・・その新担当の正体は・・・もうお分かりですよね^^

気になる方は
「少女不十分で検索」で検索
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
少女不十分を読む

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
関連記事
少女不十分(漫画)の1巻のネタバレと結末。感想と無料試し読み!

読んでみてはいかがでしょうか^^

人気作家先生の作品だけあってはずれはないですよ^^

以上「少女不十分「西尾維新」が実話だという噂について!結末を詳しく!」の記事でした。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする