エリアの騎士 461話のネタバレと感想!無回転ロングシュートは?


週刊少年マガジンで好評連載中の漫画「エリアの騎士」!

白熱する東京キングダム対湘南ブルーインパルスの戦い!

駆は荒木から伝授されたロングの無回転シュートを放つも・・・

詳しくは

エリアの騎士 460話のネタバレと感想!駆の新技炸裂!

をご覧ください!

では早速エリアの騎士461話のネタバレ行ってみましょう!

Sponsord Link





エリアの騎士461話のネタバレ


駆の放った無回転のロングシュートが東京キングダムのゴールに迫ります。



荒木”よーし、3本に一本は無回転でいけるようになったな”

駆”まだまだです。これじゃ実戦には・・・”

荒木”解ってねーなぁ・・・いいんだよ3回に一回で・・俺だって100%無回転が打てるわけじゃねぇ・・・せいぜい3回に2回って所だ”

駆”え、でも大体成功しているような”

荒木”そうみえるのさ・・・打った本人にもどう飛んでいくかわからないし、実はこいつが使えるシーンは限られる・・・本当のチャンスならもっと確実なシュートを選択すべきなんだ・・でも使いようによっちゃ膠着状態を打開できる決め技にもなる”



そうなぜなら・・・



”無回転が決まれば並みのキーパーはまず掴めない・・・無理に掴もうとすれば逆にゴールになるから前に弾くのが精いっぱいだ・・・つまり・・・ゴール前にセカンドボールを拾って次のチャンスにつなげられる”



駆の打ったロングの無回転シュートは荒木の予想通りキーパーは弾くので精一杯・・・

そのセカンドボールにインパルスの城島が走り込んでいました。

「うおぉぉぉぉ」

しかしシュートを放とうとした瞬間

東京キングダムのCB太田黒がボールをはじき出すことに成功!

代表リストに名前が載る男としての力を見せつけます。


Sponsord Link



この太田黒のプレーに駆は呆然・・・

し、信じられない・・・あのタイミングでクリアされるなんて・・・一体どうすればこのチームからゴールを奪えるんだ?



四季「また悪い癖が出ているぞ駆」

駆「え?」

四季「自分の中に壁を作るな・・・難攻不落だと思えば思うほどゴールは遠のいていく・・・確かに今のクリアは予想外だった・・・でもサッカーは予想外が起こるから面白いんだ・・・敵の凄さを楽しめ!そうしたらそれを超えてゴールを決めてやろうって闘志が湧いてくる」

駆「はい!」



コーナーキックに向かう四季・・・



駆もゴール前で四季の言葉に闘志をみなぎらせます



怖気ずく必要なんてない!簡単に攻略できない相手だからこそ・・・攻略したときの嬉しさがあるんだ



四季のコーナーキックに走り込む駆。

しかしボールは斬円ながらキーパーにキャッチされてしまいます。

ボールはキングダムの司令塔力王へ・・・

続きは2ページ目で

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする