ものの歩 39話のネタバレと感想!泰金の同期歌川雪之丞登場!


週刊少年ジャンプで好評連載中の漫画「ものの歩」!

全回は奨励会の一次試験を受けるもなんとボーダーに届かなかった信歩・・・

しかし、今年は実力者が多いことで・・・

詳しくは

ものの歩 38話のネタバレと感想!信歩なんと逆転で合格?

をご覧ください。

では早速ものの歩39話のネタバレ行ってましょう!

Sponsord Link





ものの歩39話のネタバレ


和装で現れた棋士・・・

「歌川君?日曜なのに対局かい?」

「いえ、今日は指導で」

「なんだ驚いた・・・君はいつもタイトル戦ばりの和装だからな」

「全対局、頂上決戦だと思って望むのが信条なもんで・・・大森先生は?」

「私は例会だよ・・・ホラ今日二次試験なんだ」



「ああ、奨励会ね」

Sponsord Link



その頃かやね荘では・・・

信歩が出陣の準備を整えて緊張していました。

二次試験は奨励会員との対局だ・・・

・・・

そんな信歩にみなとが・・・

みなと「ちょっと信歩!今日は一緒に出るって泰金が言ってたでしょ」

信歩「すみません。でも戦うかもしれない皆さんとどう顔を合わせればいいか・・・」

みなと「ばか・・・あたしらとは当たらないわよ」

え?

みなと「入会試験は奨励会の例会に混ざって3局指すの・6級の受験生は6級扱いだから5級までとしか当たらないわ」

信歩「そうだったんですか・・・早とちりするところでした!ありがとうございます。」

みなと「例会の日だけ早起きなの」

桂司「コイツ化粧2時間かかるんだ」

信歩「2時間!」

みなと「言い訳残したくないの。女を捨ててるから男と戦えるとか、学校行ってないから勝てるとか・・・だから家以外では全部完璧にやる」

信歩「は~っ、でもそんなに頑張ってお化粧しなくても・・・自分は普段のみなとさんも好きですよ」

・・・・・・

・・・・・・・

・・・・・・・・・

みなと「あっそ」

とあきらかに動揺するみなと・・・

泰金「今日は打ち上げできるといいね」

銀雅「泰金は今3位か・・・今日2勝できればまだ昇段の可能性あるからな」

泰金「うん・・・・今年こそはね・・・・さぁ行くよ!」



会場に着くと

竜胆と斑木が信歩を待っていました

竜胆「おう、来たな」

信歩「あれ、お二人知り合いですか?」

竜胆「いんや」

斑木「違います。今ここで会っただけ」

竜胆「俺の方は知ってるけどな・・・小学生名人戦に出た時、爺ちゃんが絶賛してたからよ・・・斑木王四朗は神の子だって」

斑木「藤川名人のお孫さんでしたか・・・藤川名人は僕が最も尊敬する大棋士です。あの言葉は身に余る光栄でした・・・今も支えにしています」

・・・・・・

・・・・・・・

竜胆「それだけかよ・・・いい奴かバカ!」”くそ、なんか信歩に似てるぞこいつ”

竜胆「いいか、俺らがプロになったら○○世代とか呼ばれんだぞ・・・ぜってー斑木世代にはさせねー」



続きは2ページ目で

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする