火ノ丸相撲 105話のネタバレと感想!白楼の不気味な国宝級!


週刊少年ジャンプで好評連載中の漫画「火ノ丸相撲」

國崎と日景・・・凄まじい戦いを繰り広げる両者・・・

国宝として負けるわけにはいかない日景・・・

総合格闘技最強を目指す抜群のセンスを見せつける國崎・・・両者の激突もついに決着をつけて・・・

詳しくは

火ノ丸相撲 104話のネタバレと感想!国宝食いの國崎千比路

をご覧ください



では早速火ノ丸相撲105話のネタバレ行ってみましょう!

Sponsord Link




火ノ丸相撲 105話のネタバレ


一回戦の激闘を終えたダチ高・・・

二回戦の相手は大分の小手川

しかし、優勝候補の一角を倒したダチ高の強さは本物で、

小関、ユーマが順調の勝ち進んでいきます。

会場は未だに北高が負けたことによる余韻が残っていて・・・

「しかし、まさか北高が一回戦敗退かぁ」

「国宝の大典太までやられて0-3のストレート負け」

「完敗だよ、完敗」

とざわついています。



控室では塞ぎ込む日景・・・

「すんませんでした・・・」

「なんでお前が謝るんだよ・・・悪いにの俺だ!みんなの足引っ張っちまった」

相沢「いや・・・俺だよ・・・。俺の負けで向こうを乗せちまった・・・・せめて竜二につなげられたら」

「たらればの話はやめろ!典馬お前も切り替えろ!お前には個人戦も残ってるし、来年だってあるんだからよ」

日景「来年じゃ、先輩達いないじゃないっすか・・・情けなくなんかねぇ・・・先輩も北高も兄貴も・・・・俺の全部が誇らしいって・・・見せつけてやりたかった・・・ちくしょう・・・・!」と泣きながら悔しさをあらわにする日景・・・・

相沢「はは、お前にそんな風に言われるなんて思わなかったよ・・やれることは全部やったつもりなんだけどなぁ・・・それでも届かなかった・・・

残ったのはくやしさだけだ・・・これもいつか美しい思いでに変わるのかね・・・絶対嘘だろ・・・・クソっ・・・」



大景勝「自分を誤魔化さず、結果と向き合うのは苦痛を伴う・・・でもその痛みは本気でやった証拠だ・・・

勝利が一番・・・だが向き合った敗北にも価値は生まれる・・・彼らと今の典馬ならきっと・・・この敗北を糧にしてくれるはずです」

隣にいた駿海に話すように語る大景勝・・・

Sponsord Link



2回戦中堅戦。

國崎が登場すると会場のボルテージが上がっていきます。

凄まじい強さであっという間に試合を終わらせる國崎!

三ツ橋「すごい歓声だ・・・國崎さんは一際」

桐仁「国宝に勝っちまったからな・・・注目されるのは無理もない」

三ツ橋「よく考えたら國崎さんって高1で国体を制して・・・レスリング回の国宝みたいなもんなんですよね」

桐仁「まぁな・・・そもそもが筋金入りの格闘一家らしいしな・祖父と母親は柔道・・・離婚した父親はレスリング・・・で再婚した義父も元ボクサーだかで・・・あの人がダチ高にいあたことは本当に幸運だったよな」

三ツ橋「格闘一家かぁ・・・ホントに何もかも僕とは正反対なんだなぁ・・・・」

桐仁「おい、出番ないからって気ぃ抜くなよ!この先・・・お前にも活躍してもらわなきゃいけに場面が必ず来るんだ・・・必ずな・・・」



アナウンスがダチ高の二回戦の勝ち名乗りを上げているのを上から観戦していた白楼の面々。

天王寺「ええ、チームやで・・・ホンマに・・・北高を正面からねじ伏せたのはデカいな・・・あの勝利がチームに「優勝」の二文字をよりリアルにイメージさせることになった・・・特にあの國崎千比路は要注意や・・・日景から金星をきっかけに「格」が備わりつつある・・・

未完成ゆえの勢い・・・無視できへんチームやで」

「ああ、すごいよ本当に・・・」

天王寺と対等に肩を並べるように話す白楼のチームメイト・・・・

 続きは2ページ目で

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする