うちへおいでのネタバレと結末と感想まとめ!「のあ」編一話!



ごとう和先生の「うちへおいで」という作品を読みました。

生まれた次の日に乳児院に母親から放され、乳児院で育てられた「のあ」

二歳の誕生日を迎えてもその母親はのあを育てられる状態になく、児童相談所は

母親に変わって里親を探し始めました。

里親をというあまりない題材をテーマにした漫画・・・

ネタバレの前に無料の試し読みをおススメいたします。

「うちへおいで」で検索
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
うちへおいでを読む

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

では行ってみましょう!

うちへおいで「のあ」編一話!のネタバレ


生まれてすぐ、母親が子供を育てられないために乳児院で育てられたのあ・・・

普段から乳児院に足繁く通っていた星成家のお母さんは里親登録をしていて、今回ののあの件も相談されます。

初めてののあとの対面・・・

職員の笹木さんに連れてこられたのあは

すぐに笹木の後ろに隠れてしまいます。

隠れながら睨み付けるように星成母を見つめるのあ・・・

うわ~~目つき悪ぅ~~~

笹木「のあちゃん星成さんにこんにちは~は?」

のあ「やぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

と再び隠れるのあ・・・ホントに嫌がるのあは笹木の服をギューーーーっと掴んだまま放そうとせず、そのまま自分の部屋に戻ることに・・・

 

「ここに来てから職員以外の人に会うの初めてなので驚いたようです」と話す職員。

誰ものあに会いに来ていない・・・

母親はなんと罪を犯して刑務所に服役中・・・

最近里親申請している一家は増えているというが・・・やはり合わないと施設に返されてくるケースも増えており、

一度受け入れてくれた家からまた手を放されたら・・・子供の心の傷はどんどん深くなってしまいます。

そういったケースも鑑みて、施設も里親選びは慎重になっているのでした・・・

 

星成家に帰ると・・・

長女杏子高1「それでママは決めたの?里子ちゃんを預かるかどうか」

次男海小6「え~~預かるっしょ・・・・俺里子ちゃんと暮らすの好きだぜ」

長安大和中3「でも今度の子、目つき悪くて陰気くさいんだろーやめた方がいいんでねー?」

三男宙太小3「・・・(もくもくとお絵かき中)」

と兄弟の中でも反応は様々・・・長男の大和は反対の意を示してそうですが・・・

父親も母のやることに口を出すことはしない主義の様で・・・われ関せず・・・その変わり協力はするという姿勢を示します。

 

大和「ウチは貧乏になってもいいのかよー」

とわめく大和に母は・・・

「君はお金がかかるから断てゆーの?」

大和「そうだよ!他人よりまずはわが子にお金使ってよ」

母「他人?他人て何?」

と血が繋がっていない・・・とかうちに関係ない人にに対してもっと慎重になれという息子に母は

「この世に関係のない人なんていないって言わなかった?」と窘めます。

「出会った人を辿っていけばみんな知り合いよ!」と

のあの事を知った以上・・・知らんぷりはできない

ともう里親になることは確定の模様・・・

 

後日、あまり乗り気でない大和を連れて乳児園に赴く星成ママ

お昼寝前に読む絵本を選んでいたのあは、

星成ママに会うと

「ほしマー」ともう少し打ち解けている様子。

そこに初めて会う大和・・・

大和を一目見ると

変顔で対応するのあ・・・

うわ、やっぱり地球外生命体か・・・!

大和「う、ウス」と挨拶すると

驚いた様に絵本をボトボトと取り落とし

「や~~~~」と泣き叫ぶのあ・・・

星成ママが近寄り

「大丈夫・・・星マーいるよ」と膝に抱きかかえてあやすと

「ほしマーいゆね」と笑顔を見せるようになるのあ。

 

そんなのあを見て、情が湧いてしまった大和・・・

なんだかんだで早くのあと暮らす日を心待ちにするようになります。

 

10月・・・初めての面会から2か月・・・のあはついに星成家で育てられることになりました。

乳児園から巣立つとき、何やら不安そうなのあ・・・

初めて星成家に入ると、周囲を見回しいつもと違う環境にびくびくし始め、

ささきしゃーん、ささきしゃーんと泣きわめいてしまいます。

その泣き声を聞きつけたかのように、姉弟たちや父も帰宅してきます。

人見知りののあは、母に抱き着くように逃げてしまいますが、すぐに泣き止んでいました。

 

母は

いっぱい泣いて、乳児園に、笹木さんにサヨナラしたんだね

と泣き止んでお寝むになっているのあを見て思うのでした。

続きは2ページ目で


Sponsord Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です