火ノ丸相撲 106話のネタバレと感想!千鶴子の気持ち!


週刊少年ジャンプで好評連載中の漫画「火ノ丸相撲」!

日景を倒して大金星を挙げた國崎・・・

そして万全の体勢で団体戦の三回戦に進めることになったダチ高・・・

果たして三回戦は・・・

前回、詳しくは

火ノ丸相撲 105話のネタバレと感想!白楼の不気味な国宝級!

をご覧ください。

では、早速火ノ丸相撲106話のネタバレいってみましょう!

Sponsord Link




火ノ丸相撲106話ネタバレ

インターハイ二日目・・・

団体戦3回戦、ダチ高の相手は兜山高校・・・・

その兜山高校の面々の目は、もうすでに復帰した火ノ丸に注がれています。

「昨日、個人戦で負傷したと聞いたが・・・・もう出てくるのか・・・」

その鬼丸の復帰に会場中もザワザワ・・・

鬼丸の負傷よりも、北高に勝ったメンバーに鬼丸が加わることの期待感で騒然します。



ダチ高の先鋒はもちろん部長の小関。



はっきよい!

「つああああ」

凄まじい気迫で向かっていく小関・・・

Sponsord Link



そんな部長の姿にマネージャー陣は

礼奈「昨日もみんなおチビの不在にいつも以上に奮起して戦っていたけど・・・それ以上じゃない?」

堀「やっぱり潮君がいると違いますよね・・・ダチ高の相撲部をここまで大きくしたのは潮君・・・みんな彼に魅せられ・・・導かれてここまで来た・・・やっぱり潮君がいてこそのダチ高相撲部なんですよね・・・・

潮君がいなくてももうみんなは強い・・・でも今日そこに居て改めて感じるこのチームにとっての潮君の存在・・・大きさ・・・

潮君が土俵下にいるだけでその熱がみんなの背中をさらに前へと推し進める

きっと潮君がいない昨日より、今日のみんなは強いですよ」

礼奈「熱か・・・確かに暑苦しいもんね・・・あいつ・・・」

堀千鶴子「礼奈さんだって潮君のそれが伝わったからここにいるんじゃないですか?」

礼奈「わ、私は・・・堀ちゃんはどうなの?県予選で感動したとか言ってたけど」

堀「え、そうですね・・・いや、多分ほんとうはもっと前から・・・」



と火ノ丸との出会いを語る千鶴子・・・

入学式の日に、初めて出会った千鶴子と火ノ丸

千鶴子は電車で

”制服間に合わないなんて・・・・あんまり目立ちたくないのに”

とそわそわしていると・・・

え・・・?

嘘、やだ・・・これ・・・チカン???嫌だ・・・嫌なのに・・・怖くて声が・・・



するとそこに

「そこまでじゃ」とチカンの腕を力任せに掴み上げる火ノ丸

「次の駅で降りてもらおうかのぉ・・・」

初めて会った火ノ丸に助けてもらった千鶴子・・・

お礼・・・

言わなきゃ!

絶対!



と決死の覚悟で声をかける千鶴子

千鶴子「あ、あの・・ありがとうございました。」

火ノ丸「お、声出てな・・・」

お互いにダチ高の制服じゃなかったため彼がダチ高の生徒だと気が付くのも、それからしばらく経っての事でした・・・

でも、相撲に詳しくない千鶴子でもすぐに気が付きました・・・火ノ丸の身長が相撲にまったく向いていないこと・・・でも火ノ丸は

そんなの関係ないと言わんばかりに迷いなく堂々と自分を貫き通していきます。

引っ込み思案な千鶴子にとって、そんな火ノ丸の姿は

眩しいものでした・・・

続きは2ページ目で

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする