レンタル家族 親に売られた子供の1話の結末(ラスト)は?



藤井三和子先生の「レンタル家族」という作品を読みました。

兄弟で親の借金のために家族として過ごすサービス会社に売られた兄弟悠と智也・・・

その兄弟が訪れた家の老人は、本当の孫に会いたいがために息子に連絡するも、

送られてきたのは優と智也の兄弟でした。

絶望する老人・・・

そんな老人と触れ合う兄弟・・・次第に心を開き始めた老人は・・・

ラストについてネタバレしていきますが、その前に無料の試し読みで予習しておいてくださいね!

この作品を最も早く搭載したサイトがまんが王国だったため、こちらのサイトをおススメいたします。
長めの無料試し読みが付いてる作品ですので、ぜひご利用ください!
「レンタル家族 親に売られた子供」でサイト内検索
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
レンタル家族 親に売られた子供を読む
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

人物紹介


悠と智也

親の借金でレンタル家族のサービス会社<スイートホームサービス>に売られた兄弟。

しっかり者の兄悠とまだ甘えんぼながらも人の痛みを感じ取る弟の智也

二人は親の800万という借金返済の為に<スイートホームサービス>に売られましたが、いつの日か、親が借金を返済して迎えに来てれる日を待っています。

 

佐山老人

息子に孫に会わせてほしいと連絡した老人。若いころは妻や息子ないがしろに好き勝手に生きてきたため、息子に恨まれており、

全く会っていなかった息子に子供が出来たことを知り、会いたいと連絡するも、恨んでいた息子は会わせるはずもなくレンタル家族サービスで悠と智也を送り付けた。

最初、孫に会えない事を絶望していた佐山老人・・・家族なんていらないと言っていましたが、悠と智也と過ごすうちに家族の温かみに癒されていくことを自覚していきます。

そして悠と智也の親の借金を変わりに自分が払う二人に申し出ますが・・・

 

木田

レンタル家族のサービス会社<スイートホームサービス>の男。

まだ何者なのかはっきり明かされていません。

ここまでは無料の試し読みで読むことができます。
まだの方は
「レンタル家族 親に売られた子供」でサイト内検索
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
レンタル家族 親に売られた子供を読む
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
で読んでみてくださいね。

では
2ページ目で結末のネタバレいってみましょう!


Sponsord Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です