火ノ丸相撲 113話のネタバレと感想!まさか天王寺が・・・


週刊少年ジャンプで好評連載中の漫画「火ノ丸相撲」!

前回はついに天王山、個人戦で久世と王者天王寺がぶつかり合います。

互いに覚醒し、死力を尽くして戦う二人・・・ついに終結に向けて最後の技を繰り出しますが・・・

詳しくは

火ノ丸相撲 112話ネタバレと感想!天王寺対久世、決着!

をご覧ください!

では、早速火ノ丸相撲113話のネタバレ行ってみましょう

Sponsord Link




火ノ丸相撲113話のネタバレ

横綱とは・・・最高の力士の称号!最高の力士とは

相手の全力を引き出し、そして受けとめ、すべてを飲み込み勝利する者!

王者天王寺獅童・・・

高校相撲という舞台において、確かに彼は横綱である・・・

国宝をはじめとした数々の有望な力士達の全力を喰らい、己の強さに変えてきた・・・

この久世との戦いもそう・・・久世草介の全力を存分に引き出し、そして・・・



六つ胴斬VS大蛇断



久世と天王寺の全力がぶつかります。



しかし・・・

その天王寺の伝説も今日まで・・・

互いに死力を尽くしぶつかり合った・・だが、それは・・・

天王寺が久世の全力を引き出したのではない・・・久世こそが天王寺の全力を引きだした・・・



喰らい・・・真の高みに昇るために・・・



神にその道を舗装され、導かれるように頂点へと据えられた、天王寺獅童・・・

それもすべては・・・



久世を目覚めさせるために神が用意した道なのかもしれない

Sponsord Link



久世のギアが突然上がります。



横綱とは・・・

人として唯一注連縄をその身に張ることを許された・・・神の依代・・・



天王寺獅童は確かに神に愛された男だった・・・

久世草介は・・・草薙はそうではない・・・



それ以上の・・・<神>そのもの・・・



全身全霊の技を繰り出し、それを退けられた天王寺獅童に、久世草介を止める力は残っていませんでした・・・



はじき出されるように土俵から足が出る天王寺・・・



そう久世草介は・・・

「神の化身」として土俵に君臨する者・・・



監督が記録してきたタブレットで天王寺と久世の試合を見たダチ高の面々



國崎「ま、こうなる可能性も考えていたがな・・・元より、天王寺も久世も全員ぶったおして優勝する予定だろ?一つでも落としたら火ノ丸のプロ入りの夢が叶わねぇことに変わりねぇ」

火ノ丸「ああ」

しかし、火ノ丸の様子は、ショックと何かを混ぜ合わせたように俯いていて・・・





試合会場では・・・・

タバコに火をつける駿海・・・そのすぐ近くで

「いやぁ、やりましたな息子さん!」

大和国「どうも」

「草介くんはすぐにでも幕内で通用する逸材だよ!高1なんて信じられない!」

「これで大和国部屋も安泰ですな」

大和国「いやいや」



天王寺に勝った久世草介の父への賛辞が止まりません。



それを遠巻きに眺める駿海・・・

その隣にいた弟子の柴木山が・・・

「しかし、こうなると、団体戦も解らんぞ・・・鳥取白楼か・・・それとも栄華大附属か・・・」この時に柴木山の隣にはこち亀の両さんが・・・

柴木山「いよいよ明日か・・・みんなには悔いが無いように頑張ってほしい・・・ただ・・・悔いを残さない為にはやはり・・・勝しかねぇんだ」

続きは2ページ目で

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする