ドメスティックな彼女 111話のネタバレと感想!運命の文化祭最終日


週刊少年マガジンで好評連載中の漫画「ドメスティックな彼女」!

アルとの約束期限文化祭も順調に進み、夏生とルイの中も進展したり、後退したりの繰り返しが続く中

バルスが不良に文学部の作品を馬鹿にされて怒り心頭・・・

不良に向かって行って怒りをぶつけますが・・・

詳しくは

ドメスティックな彼女 110話のネタバレと感想!夏生とルイに・・・

をご覧ください

こちらでも過去話を無料で読むことが出来ます!
マガジンポケット公式


では早速ドメスティックな彼女111話のネタバレと感想いってみましょう!

Sponsord Link


ドメスティックな彼女111話のネタバレ

バルス「謝るのはお前の方だ!脳みそ筋肉の○○カス野郎」

不良に突っかかるバルス

バルス「口を開けばオタクオタクと・・バカがにじみ出てるぜ!言葉を使わずに暴力で屈服させようとは猿以下かよ・・・そんな奴に文芸部の芸術を理解できるワケないか・・・」

不良「うるせぇ」と言ってバルスを殴ります。

不良仲間「文芸部?なんか前に賞取ったとか朝礼で言ってたやつか・・・」

仲間2「ああ、なんかあったな」

不良「そんなもん、遊びみたいなもんだろ?」

仲間1「アニキが載ってんのチラッと見たって言ってたけど女々しくて無理っつってたな・・そーいや・・・」

仲間2「そんなん趣味にしてるよーなヤツ絶対ニート予備軍だわ」

不良「やっぱ駆逐しとかねーとな」

その言葉を聞いてバルスは夏生がどんな気持ちで小説に情熱を向けているか思い出して・・・

バルス「取り消せよ・・・取り消せよ!今の言葉!全部!」

バルスの怒りが頂点に達しようとしたとき・・

Sponsord Link



「あら・・・」そこにマスターとフミヤが登場・・・

マスター「夏生ちゃんとこの書生さんじゃない?何してるの?」

その状況を見てやっと事態を飲み込むマスター

マスター「やだ・・・虐められてんじゃないの?やめなさいよ・・・・アンタタチ」とバルスに駆け寄り

「まぁぁぁぁぁ!綺麗な顔が台無しじゃない!」

不良「るせーな!なんなんだよ・・・あんたは」

マスター「あたし?あたしは通りすがりの美人よ・・・あんたたちこそこんな華奢な男の子に多勢で絡むなんて!大の男が雁首揃えて恥ずかしくないの?」

不良「ああ!てめーに関係ないだろ」

仲間1「どっかいけよおっさん気色悪ぃ」と仲間1がマスターの胸元を掴むと

マスター「あら、いやん・・・」マスターの肩口の紋々がチラッと・・・



それを見てゾッとする不良たち

マスター「あんたたち本当にエネルギー有り余ってるのね・・・じゃあ、この子に代わって私が相手したげるわ」



慌てて逃げていく不良たち

フミヤはバルスに駆け寄り、事情を聴くと・・・

続きは2ページ目で

アドセンス

Sponsord Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする